2020年05月31日

酒とマスクとおっさんとオンゲ

おはようございます
自粛期間の連休中は出かけられなくてストレスが溜まるどころか
むしろエンジョイしていたインドア派の院長松尾です
ランニングしたり時々必要なものを買いに行ったりで
町田市内は動いてましたが、食材を買い込んでおいて
朝食は自分で作ったり、自宅内の滞っていた掃除や
部屋の整理をしたりネット対戦ゲームしたりして
過ごしていました
まあ出かけるのが好きな人には辛い生活でしょうけど
普段から休みは疲れ果ててあまり動かない生活をしている
私にとっては受け入れやすい生活でした

さて
ようやく緊急事態宣言解除され長かったその自粛生活も
ひとまずは終わって徐々に日常の生活に戻りつつあります

まつお歯科医院も5月の連休明け以降は
感染対策はしつつも通常の診療体勢になり
患者様方も安心して通えるようになったからか
少なくなっていた予約の入り具合も
3月くらいの状態に戻りつつあります
まつお歯科医院自体はG.W前の午後休診と
G.Wの10連休以外は普通に診療していたのですが
先月もブログで書いたように元々歯科診療というものは
コロナに限らず感染リスクがあるのでその対策は
以前からやっていた滅菌消毒手順に
ちょっと付け加えるくらいの対策で
問題なく今の状況に対応して診療出来るわけです


夏休みを前倒ししてG.Wに長目に休んだのは
予約数が少なくて医院を開いている意味があまりない
と判断したためです
診療していても予約スカスカだと
私もスタッフの緊張感やモチベーションを保つのが難しい
というところがあります
もちろん患者様やスタッフの接触・感染リスクを減らす
という意味もありますが

ただ10連休してしまうと「痛い」「取れた」「壊れた」
というトラブルの出ている患者様が困るわけで
予約は入れないまでも医院に来た急患電話は
転送して自分の携帯で受けて対応するようにして
臨時で医院に出てきて応急処置をするようにしていました
どうせ家にいるか近所に買い物に行くくらいしか
することもなくてブラブラしてるだけだったので
少しは世間様の役に立つことをした方が良いんじゃないか
と思った次第です

困っている患者様のため
というご大層な志、というつもりも無いのですが
自粛期間とは言え10日も診療しないというのは
流石に患者様にとって迷惑ですし
私は経営者としてこのまつお歯科医院と一蓮托生
生きるも死ぬも一緒
なのでスタッフが居なくても独りで出てきて
診療するくらいの心構えはあります

あと10日も仕事してないと仕事勘もなくなってしまう
のもいけないので怠け者の私でも時々は
忘れない程度に働かないといけないです

家にいると同じく休んでいる子供らの面倒を
みないといけなかったり
少しでもダラダラしているのを見ると
ついつい説教したくなってしまうのを
避けたほうがいいかなという考えもありました
父親が家でダラダラしてるだけ
というのも教育上よろしくないので
時々は「患者様のために休みでも仕事に行く」
というパフォーマンスも必要でしょうし


幸い町田界隈なり日本国内は
世界レベルから見れば酷い被害にもならずに済みましたが
医院経営としては来院患者数減からちょっとキツいものがありました
私も生活費は切り詰めざるをえなくなりましたが
なんとか資金をやり繰りして
医院を元の状態になるように建て直していきたいと思います

緊急事態宣言も東京は5/25で解除されたとはいえ
まだまだ油断をしてはいけませんね
まつお歯科医院は万全の体勢で診療しますが
医院外でもうつす/うつされるの無いよう
自分もスタッフも注意したいと思います


そういえばコロナが流行りだしてからは
居酒屋に行ってないですね
外食は他の人との間合いに気をつけながら
短時間で食べ終わるようにしてチョコチョコ行ってますが
元々人と飲みに行くような性格でも無くて
まつお歯科医院の歓迎送別忘年会等の時ぐらいしか
行ってなかったのですが
そういえば今年スタッフが入ったのに
バタバタしているのもあったり居酒屋が疎遠になって
スタッフの歓迎会もしていませんでした

そもそもその医院の会食にしても
スタッフ全員の都合に合わせるのがなかなか難しくて
診療後の夜では無く昼間に催すことも多いため
また私自ら車で送迎する機会も多いため
ピール一杯すら飲まない事が多いです

元々そんなに飲酒も好きなわけでも無いので
最近自宅でも飲まなくなりましたね
以前は休診日にプロ野球中継見ながら
ビールでも一杯
ということも気まぐれに時々あったのですがね

何しろ今年は野球中継がまだありませんし
昔ほど熱心に見なくなったとは言え
5月にもなって
何処のチームが今年は調子が良いとか
若手が活躍している
ベテランの調子が悪い もう引退か
などなど
プロ野球のことをまったく目にしない
ニュースも聞かないというのはやはり
イレギュラーな年です

野球中継関係なく
ここ数年は食後のお休みタイムに
「world of tanks」やら「world of warplane」やら
オンラインネット対戦ゲーム(略してオンゲ)をしていることが殆どなので
お酒など飲んでいられないというのがあります

酔っ払ってしまうと
操作や反応がまるっきりダメになって
対人対戦でそんなことをしていたら
満足なプレイが出来やしないからです
アルコールは脳神経の情報伝達を狂わせる働きがあるので
細かい操作をしたり逐一戦術を考えたりするオンゲには
宜しくないのです
飲酒運転が誤判断や誤反応でおかしくなったり
飲み過ぎると記憶があやふやになるというのは
このアルコールの神経への作用が原因と言うわけです

「e-sports」なる言葉もあるように
ゲーム操作も肉体年齢やら反応力が大事
ゲーム対戦で収入を得るプロゲーマーは
20代前半で引退というシビアな世界だそうで
50のおっさんではメインのプレイヤー層の20代の若者には
反応速度で到底敵わないのを年々齢を取るごとに
身に染みて感じます
それでもまあ「ヘタの横好き」と言う奴で
続けていこうとは思うのですが酔っ払っているのは勿論
寝不足やら疲れが酷くて機敏に反応できなかったり
頭が回らなくなってダメダメな結果になるので
若者以上に体調管理をしっかりして取り組んでいくことが
必要なのです


ちなみにお酒については適量飲んでいる分には
お口周りに影響はありませんが
依存症になるくらいに飲み過ぎるようになると
アルコールの利尿作用で体内の水分減少から
唾液が出にくくなって
唾液の虫歯や歯周病を防ぐ効果が落ちることになり
これらの病気が悪化しやすいので要注意です
まあ流石にそこまで飲み続ける人というのは
そんなには居ないと思いますが
念のため


最近、運転だのオンゲだのに気兼ねなく
安心してお酒を飲めるのは旅先で宿泊する時くらいですかね
晩酌して後は寝るだけ
なら何の心配も無いですし

ここ数年、宿泊込みで行くのは茨城の大洗ばかりなのですが
美味しい魚や肉料理に地ビールがホントによく合う
風光明媚な土地に行って宿泊してゆっくりお風呂に浸かった後に
美味しい食べ物を肴に気に入ったお酒を飲む
日々頑張って働いている(?)自分への最高のご褒美です
美味しい日本酒もあるそうですがどうにも日本酒は味が苦手なので
敬遠してます ただ美味しい日本酒というなら飲めるかもしれないので
折を見て飲んでみようかと思います

大洗も今年の1月に行って以来ですが
早くコロナが落ち着いたらまた遊びにいきたいものです

色々と我慢、我慢、注意、注意の日々も続きますが
みんなが安心して暮らすために大事なことなので
頑張っていきましょう

6月からようやくいつも通っている店も再開しはじめるようで
伸びきった髪は少し前に再開していた美容室でカットして貰い
すっきりしましたが
2ヶ月くらい整体に行けなかったので
日々の診療で溜まりに溜まった肩はガチガチ足腰ガクガク
連休中は少し疲労も取れましたが
ストレッチなどセルフメンテナンスがうまくないせいか
疲れが取れきれず
連休明け以降は医院まで歩く通勤もちょっとキツいものが
ありました
早くマッサージして貰ってスッキリして6月から挽回したい
ところです

ただウィルスも無くなったわけでは無く
注意を怠っていればまた広がって危機にさらされることに
なるのでまだまだ注意は必要です
浮かれて大勢で集まったり騒いだり
予防を怠ったりすることの無いよう気をつけましょう

世界は色々と変わったのに私のブログは相変わらず
まとまりの無い内容ですが
今回はこれにて
それでは失礼します


診療時間の空き時間にDSC_0100.JPG
久々にスタッフらが医院入り口の黒板を更新してくれました
1年ほど前に余裕が無くなって止めていたのですが
なんだか私としては懐かしい感じです
また忙しくなってくると更新できなくなってしまうかも
しれませんができるだけ続けられると良いですね


そういえば
まつお歯科医院宛
にも政府配布のマスクが届いてましたDSC_0099.JPG
自宅にも届いてるし
既に布マスクも持ってるし
ちょっと今は要らないかな...というところですが
スタッフで誰か必要だったり
持ってるのがダメになった時の予備にでもしておきますか
posted by 松尾 院長 at 07:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月29日

春眠暁をおぼえよう

おやすみなさい...
ではなく
おはようございます

switchの「マリオカート8」対戦プレイで
容赦なく小学生の次男をたたきのめす
大人げない院長の松尾です
親子だろうと情けは無用
勝負の世界は忖度も接待もなく厳しいのだ
という英才教育
...という深い考えはなく
ただ自分が楽しんでゲームしてるだけです

3月以降、学校が休みで時間をもてあましている
子供らのためにswitchのゲームを買ってあげた次第
G.Wも何処にも連れて行ってあげられないし
埋め合わせでこのくらいはしてあげてもいいだろう
と、思い立ち町田駅のヨドバシカメラに買いに
...行ってみたら店が閉じてるし(4/14現在の話)
コロナウィルス流行の状況では当然か
ということで
仕方なくネット通販で取り寄せました

普段は子供らも私も家内もバラバラにソロプレイしている
寂しいゲーマー一家なのですが
偶にはワイワイと家族で対戦ゲー
と言うのも良いものですね
一家団欒ということで自宅待機も意義あるものになります


「出来るだけ外出せず自宅待機してください」
と言う要請
物ぐさで日々疲れが溜まって動くのが嫌いな私にとっては
無理なく受け入れられる要請です

2月以来殆ど町田・相模原から出てません
町田より外に出たのは3月のお墓参りの時に
2時間ほどお隣の川崎に行ったくらいですか
そういえば今年になって1回も電車やバスにも乗ってませんし

そんな感じで引きこもり生活も違和感なく受け入れて
悠々過ごしていますが
今月中旬に1月から決まっていた予定で
病院で検査・治療を受けたり
(コロナになっていたわけじゃありません、念のため)
社会状況を鑑みて4月後半を午前のみの診療にしたり
ちょっと診療時間少な過ぎですね
いくら疲れた〜休みたい〜
と、ぼやいているグータラな私でも
経営にちょっと危機感を感じてしまいます
まあその辺経営者として最悪の事態になっても
何とか乗り切れるように手を打つつもりですが

そしてG.W
今年は黄金週間でも無く長期間の自宅待機
籠城週間ですね
もちろんどこかに出かけようとか
はた迷惑なことは考えていません
今年の夏休みを前倒しして合計10連休です
去年は新元号関係の行事やらで10連休で
長い休みでうんざり
もう来年はそんなこともないよな
と思っていたら
まさか今年はさらに長い日数休まざるを得なくなろうとは
いやはや先の事というのは分からないものです

これからどうなるのか
先のことが分からず不安
それは町田、日本だけで無く世界中多くの人がそうでしょうけれど
普通の人間は普通に
我慢する所は我慢しながら
自分の出来る営みをしていくしかないですね

自宅待機しつつ
時々は医院に出てきて
色々後回しになっていたレポート作成やら
経営が苦しくなってきた時の資金繰りの手続きやら
しておこうかと思います

あと「詰め物がとれた」「痛い」
という緊急対応が必要な患者様のためには
電話応対して時々は医院に出てきて診療していきます
10日間も全く対応しませんじゃ皆さん困っちゃいますし

普段通っている
美容室やらマッサージやらフィットネスやら
ここ1ヶ月行けないのはホント困っているんですがね
後ろ髪が長くなって気になるし
体のあちこちが痛くてストレッチして何とか保たせてますが
まあ運動の方は自宅内で腕立て伏せしたりスクワットしたり
近所を軽く走り回ったりとできるんでなんとかなります

とにかく今はみんな一丸となって耐える時です
5/7からはとりあえず医院は普通にやっていく予定ですが
いつまでも休んでも居られないです
「歯科の感染リスク」
なんて今更のようにテレビで言われてますが
そんなことは歯科業界では既知の事実で
切削器具の滅菌消毒やら
患者様ごとに治療席の清掃消毒やら
設備のこまめな清掃消毒やら
日頃当たり前にやってることなので
大して身構えることもなく
普段よりもう少し念入りに頻度を増してやっていく
というだけです
むしろ歯科治療に行かずに歯周病や虫歯が悪化してしまう方が
問題じゃ無いでしょうか
心配せずに気になることが早めにご連絡ください
待ってますから
ただし熱っぽいとか体調が悪いとか
そういう時は治ってからでお願いします

自分はもちろん スタッフにも徹底してP1300004.JPG
医院外で迂闊な行動をして感染することのないよう
再三厳しく注意指導してますし
毎朝検温して異常が無いのを確認してから勤務に入ってます

恐れることは恐れて対策は十分にする
ただ必要以上に恐れて過大に萎縮する必要も無い
私はそれで良いと思ってます

そんなこんなで
日本全国みんなで冬眠ならず「春眠」しましょう
なるべく早く元通りの平和な日常を取り戻すためにも
ちょっと我慢するだけです

それでは皆さん今回はこれにて
お休みなさい...
posted by 松尾 院長 at 12:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

昔の人の言うことは素直に聞いておけ

おはようございます

手洗いはいつも右手から入る院長の松尾です
お風呂でどこから体を洗うかみたいなクセが
手洗いにもあったりするんですかね

コロナウィルス流行で手洗い、手洗いの日々
仕事ではもちろん患者さんの診療ごとに
グローブ交換と手指消毒をしていますが
プライベートでは昨年末までは
トイレから出る時に手洗いはするくらいで
そこまで頻繁に手洗いや消毒なんてしてなかったですね

手洗いばかりしているおかげなのか
例年花粉症の終わり頃になると体調悪くしたり
風邪をひくのが常だったのですが
今年は疲れはあるものの風邪症状は出なくて
調子はいいくらいです
単に周期的に花粉症の終わり頃は風邪を引くものだ
と思っていたのですが、おそらくは花粉症で目を擦ったり
鼻をかんだりして顔を頻繁触っていて
その時に汚れた手からなんらかウィルスが感染していたのが
たまたま毎年のように起こっていただけ
だったのかもしれません

普段よりちょっと気をつけているだけで
回避できる病気もあると言うことですね
これは虫歯や歯周病(歯槽膿漏)についてもおなじことです
虫歯や歯周病は歯や歯周組織に感染して起こる
感染症ですから

歯や歯ぐき付近に病因菌が感染するから起こるので
それを取り除くあるいは増えないようにすると
起こる確率はガクンと減るわけです

とにかく
面倒くさくてもまずは歯みがき
今までより少し手間をかけて丁寧に正確に汚れている箇所を磨いて
汚れを取る 1日に磨く回数を1回から2回、3回に増やす
それだけで虫歯や歯周病にかかる頻度は減ると思います


先月、スタッフには早めにコロナウィルス流行についての
注意事項を作成して注意喚起したためか
特にまつお歯科医院では大きな問題は起こってないですね
医院で感染者が出てしまうと
医院経営の上で致命的な事態になってしまうため
細心の注意を払いスタッフにも引き続き注意指導や
毎朝の検温など健康状態のチェックで
早め早めの対応をしていきます


普段からやっている
ユニット(患者様の座る席)の治療後毎回の清掃消毒P1300001.JPG
タービンなど歯の切削器具や超音波スケーラー(歯石取りの機械)
の清掃消毒
院内全体を清浄する空気清浄機
(勧められて1年くらい前に入れたんですがホント良かったです)
に加えて来院患者様用にアルコール系手指消毒剤の設置
トイレやドア手すりなどのの小まめな清掃
等々...
医院として出来ることはしっかりやっていこうと思います

来院して頂く患者様や業者様なども
咳エチケットを守ったり
体調不良の場合は来院を控えるなど
協力していただけると有り難いです


子供の頃から学校でも家でも大人から
手洗いしろ、手洗いしろ
とうるさく言われたものですが
あれもちゃんと意味のあることだったと実感しています
日頃から習慣づけていない事をいきなりやろうとしても
なかなかできないものです
日々面倒くさがりながら渋々やっていた手洗いうがいも
大人になればある程度当たり前にやるようになって
しっかり身についてしまうものですね

ウチは父が歯科医師だったので
歯磨きについても朝夜しっかりやれと
子供の頃からうるさく言われたものです
小学生の頃はロクに歯みがきしなかった私ですが
しつこく躾けられた結果歯みがきの習慣がついて
口の中が綺麗に保たれるようになって
50歳になっても虫歯や歯周病で失われた歯は
1本もありません
(邪魔になっていた親知らずは20代で全部抜きましたが)


津波の回避についても
「家族だろうと友達だろうと周りの人に構わずとにかくすぐ逃げろ」
とか
水害についても昔からついている地名が水害に弱いことを暗示していたり
昔から住宅地になっていなかった地域はそれなりに理由があったりして
そこにマンションを建てた結果、酷い水害に晒されたり
昔の人が伝え残していることがらというのは的を射ていることが結構ありますね


あと父には良く子供の頃に口を開いていたら
「口を閉じていろ」としつこく注意されたのですが
これは口呼吸をしてばかりいると唇の圧力が前歯を後ろに圧迫しなくなって
内側から舌に押し出されるだけになって出っ歯になりやすくなるからです
子供の頃はわりと父にビビっていたので言うことを聞いて
口を閉じるようにしていたおかげで
私は前歯の歯並びは良いままでいられました


祖父母から親へそして自分へ
と言い伝えられてきた
そしておそらくは祖父母もその親から言われた
そういう言い伝えられた警告というのは無視してはいけませんね

歯磨き、手洗い、災害対策等々
自分も子供らにはちゃんと言い伝えることは伝えていこうと思います
それが今を生きている自分の過去を生きていた人達から託されたことですから

手洗いや歯磨きなんかも含めて
子供の教育は大事ですね
周囲に迷惑をかけないということを憶えさせるため外出自粛をキチンとさせるとか
有事でも無闇に慌てず情報収集して落ち着いて行動するとか


今回のウィルス肺炎流行を通じて
世界各国の医療状況であるとか民族の気質であるとかを知るいい機会と言うことで
中学生の長男には色々とニュースを見て情報収集したり
それを種に話をしたりしています
学校で習う勉強というのも頭を鍛えたり知識の蓄積と言う点で大事なのですが
リアルタイムで起こっている事象を題材に色々学ぶというのも
これ以上ない良い機会ではないでしょうか


手洗い、うがい、消毒と同じく
虫歯や歯周病予防も結局は自分が自覚を持ってやることが大事ですね
国や自治体の働きかけだけで自分が無関心では解決しませんから
最終的に自分の身は自分で守るしかないです

苦しい時期ですが
気を引き締めて頑張って乗り越えていきましょう
いつもよりちょっと大人しく、ちょっと注意深くしていればいいだけです

そんな次第で今回はこれまで
では失礼します


最近はちょっと落ち着いてきたかなと言う感もありますが
今後も油断なく
....と思っていたら五輪も延期になったり
1日の感染者数が多くなったり
3/26にもなって都知事から外出自粛要請がでたり
緊張が高まってきましたね
まあ私個人は2月からそうしていたので今更な感はあります


3/15ごろ旅行に行く予定だったのもキャンセルしました
(3/15休診だったのはその影響です 
いきなりスタッフの多くに休み→出勤と変更いうのもできないので)
両親の家に子供らを連れて遊びに行くのも控えてます

今はスマホやPCでネットでのコミュニケートが出来るので
直接会わなくても電話以上にやりとりできるから
よいですね 写真や文書を添付して送れますし
カメラ付きPCならネットミーティングツールで相手の顔を見ながら
話も出来ますし
インターネット様々です

今回のブログを仕上げた3/31のちょっと前の土日限定で
都が外出自粛要請をしていましたが
微妙に車通りが少なくなっていたり
昼食のテイクアウトに来たレストランも日曜にしては
客が少ないという感じで皆さんそれなりに従っているようですね
苦しいご時世ですがキチンとやることやって気をつけていれば
大丈夫でしょう 
まつお歯科医院もスタッフや患者様の安全を第一に考えて
きちんとやるべき対策はやりつつ診療を続けていくつもりですので
困った時はご連絡ください
よろしくお願いします

流石に都市封鎖
なんて事態になったら患者様も来なくなるでしょうから
休診せざるを得なくなるでしょうが...
まあそうならないことを祈るばかりです

今回はちょっといつもにも増してまとまりのない内容でした
すみません
来月はもうちょっと楽しい話が書ければと思いつつ
これにてお終いです
posted by 松尾 院長 at 07:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気商品

Seesaaショッピング