2018年12月30日

努力する者は希望を語り、怠ける者は不満を語る

注)すみません 12/28にアップしたつもりが出来てませんでした...

おはようございます
そろそろ次男にもサンタの正体がばれていないかと
冷や冷やものの院長松尾です
私「クリスマスプレゼントサンタさんに何頼む?」
次男「あかいすぽーつか−ぁ↑」(テンション高)
という具合にそれとなく事前調査して
赤いスポーツカーの簡単なラジコンを
12/24夜に枕元に忍ばせておきました
翌日に次男はえらく喜んで早速箱から出して
ラジコンを家の中で走り回らせていたのですが
何気なく言った一言
「おとうさんありがとう〜」
いやいやいやいやいや
バレてるか?これ
夜中11時に完全に寝入っているのを確認してから
プレゼントは置いたはずだというのに
長男は空気を読める奴なのでこういうことをバラしたりはしないのですが
家内は...バラしていないととりあえずは信じておきます
まあ、この手のことはいつかはバレるものなのでそれはそれでいいのです
そうやって少年は大人になっていくのです
来年中学生になる長男などはもうドライなもので
まるでサラリーマンが給与を求めるように当然の報酬であものとして
正確に商品名など要求してきます
ここまでくると夢も希望も無い
もう少し子供らしく振る舞えよ
というのは親の我が儘でしょうか

さてさて
今年ももうお終いですね
現在12/28、医院は午前で診療を終えて大掃除に入ったところです
私も院長室の整理をしつつ
今年を振り返ってみようかと思います

今年は開業以来もっともピンチな1年でした
1つはスタッフの刷新に伴う人手不足で大分悩まされました
自分の利益よりも患者さんの利益ひいては医院の利益を優先して働くスタッフを
揃えるあるいは教育するように人員の見直しをして
それに着いていけないものは辞めて貰うかあるいは辞めるのを引き留めない
という姿勢で求人をしていったのですが
....これがなかなか居ない
10人近く採用してみて見込みがあると判断できたのはたったの1人
お陰様で私も今までは割とデスクワークに力を割いて
余裕で働いていられたのが後片付けやら会計予約とりやらの業務も
時としてこなさなければいけない状況になってしまいました
それでも不思議と気分的にはスッキリしています
肉体的・体力的にはきついというのは否めませんが
真の意味で歯科医療に対して意欲のあるスタッフが残って
無駄に勤務時間を過ごすような遊んでいる人員は居なくなったので
医院内が引き締まってより診療はやりやすくなったから
でしょう
妥協していれば人員不足も無いのですが
おそらくそれでは次の10年でこの医院も衰退していく
と考えています
先を見据えての判断です
来年以降も引き続き求人は続けていくつもりですが
なかなかいい人も簡単には見つからず
採用をしてみても最終的に残るのは10人に1人
になるでしょう

「患者様や医院の利益を第一に仕事をする」
「体力的に医院の仕事についていける」
「常に細かいところにも目を配ってより医院をより良くするための提案や実務ができる」
歯科医院のスタッフとして必要不可欠な要件を兼ね備えた
こういった人材を継続的に求めていく事になります
なかなかそういう資質の人材を現状探すのも難しいのですが
ここで妥協してしまうと今後のまつお歯科医院の診療や医院経営の土台が
グラついてしまうのでたとえ一時的に苦しくても
なんとか自らも汗をかいて(汗臭くないようにはデオドラントしますが)
診療の準備や片付けや清掃もやって、新しく入った素質のある人を
真っ直ぐに育つよう教育して乗り切りたい思います


もう1つは保険診療の請求のやり方が色々と上手くいっていないところがあって
その修正をしなければいけなくなったことです
治療の内容自体はもちろん大きな問題も無いのですが
(詰め物が取れたとか入れた入れ歯が合わないとかはありましたが
スミマセン)
注意は払っていても10年やっている内に惰性で
だんだんと内容に洩れがあったとか書き間違いがあったとか
ズレて来ていてそのままに過ごしているなんてことがあり
その手直しで一時期相当に忙しく働かざるをえなくなりました
今現在は修正も済んでスムースに行くようになりましたが
また同じようなミスをしないように定期的に第三者にチェックして貰うなどして
気をつけないといけないですね


例年に無い大きな問題に直面してかなりハードな一年ではありましたが
そのおかげでのほほんとして今まで見過ごしてきた問題点を洗い出して
修正する良い機会になりました
そういう点では医院経営にとって良い1年だったと思います
一度麻疹にかかった子供が免疫が付いて二度と麻疹にかからないように
一度問題を克服したまつお歯科医院も二度と同じ問題を抱えないように
タフで安定した体質になりつつある
そう思います

お陰様でまつお歯科医院もこの場所で開業して以来
多くの方々に受け入れて頂いてここまで医院も順調に成長してきたのですが
今年のピンチは今後更によりよく進化するために必要な1年だった
と後で思えるようにしたいと思います
私の好きな歴史の話で言うならば
織田信長も曹操もチンギス・ハンも何度も内外の事で存亡の危機を迎えながらも
それを乗り越えてより巨大な勢力を築きました
今をときめく大企業とて例外なく成長する過程で
何度か危機を迎えて乗り越えてきているでしょう
それらに比べればはるかに大したことの無い小さな医院ですが
頼ってきてくださる患者様の期待に応えるためにも
頑張って危機や困難を乗り越えてもっとより良い医院になるように
努力していきたいと思います
目の前のトラブルや困難に不満や愚痴は漏らさず
(疲れた、休みたいくらいは言いますが)
目標や希望を持ってまた来年に向けて励んでいこうと思います

夕方、大掃除終了
医院の中のいらないモノが色々片付いて
スッキリしました
これで安心して来年を迎えられそうです

では今回はこれにて
それでは皆様よいお年を


*おまけ
忘年会の折にスタッフに誕生日祝いして貰いましたDSC_0002.JPG
苦労した1年でしたがこうして最後の最後に祝って貰えると
その疲れも吹っ飛ぶ思いですね
多くのスタッフの入れ替わりがありましたが
残ったスタッフは真に患者様や医院の事を真摯に考える
貴重な人材で
新しく入ったスタッフは皆若くて経験も浅いのですが
純粋に前だけ見て頑張っていこうという気概が感じられてDSC_0004.JPG
見ていて心地よく感じます
自分も大学の医局に残っていた頃はただひたすらに
歯科医療を学び習得しようと頑張っていたっけな
と、久々にそんな気持ちを思い出しました
来年は彼らと共によりよい医院を作っていくために
努力していきたいです

タイトルは
小学生の頃に家庭教師の先生から教わった言葉です
あの頃は(今もですが)勉強もあまり好きでは無く
大して教わった事も覚えていないのですが
この言葉だけは今まで人生を生きてきて
つくづくそういうものだな、と実感させられる言葉で
私の記憶にしっかりと残る「心の一言」です

posted by 松尾 院長 at 09:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気商品

Seesaaショッピング