2018年09月29日

世の中に無駄になる仕事なんてものは無い

おはようございます
1ヶ月ブログ更新をサボった院長の松尾です

ここのところ寝る間も惜しんで取り組まなければいけない仕事があって
ブログの更新どころではありませんでした。
基本シャカリキに働くのが嫌いな私でも
必死に頑張らないといけない時期でした
人生長い間仕事に従事しているとできるだけ
「めんどくさいことやりたくな−い」
と、回避しようとしていても
時としてこういう時もあるものです
お陰様でスタッフや付き合いのある業者さん方の協力もあって
とりあえずは上手く乗り切れたようです
まずはこの場を借りて
アシストしてくれた皆様にはお礼を言いたいと思います
本当に有り難うございました。
つくづく自分みたいな怠け者体質の人間というものは
周りの人たちに助けられている、生かされているんだな
としみじみ思いました。働くのはあまり好きでは無いのですが
今後はなるべく迷惑をかけずに自分も周りの人たちに
プラスを与えられる様に働きたいと思います。

その面倒なお仕事ですが
ストーリーなり筋道通った文章書きが必要
ということで色々と細心の注意を払いながら文書書きを
し続けていたのですが、大して意識もしていないのに
思いの外頭悩まされること無くスムースには進みました
(作業量だけは多かったので時間はかかりましたが)
なんでかな? と思えば日頃こうしてしょうもないブログを
書いたりするなど筋道立てて人に説明する様な文書書きを
していたのでいざという時でも自然と対応できたんでしょうね
このブログも開業以来9年半書き続けていますが
時にはおふざけすることもあり
時には真面目に診療や経営やスタッフ育成のお話を書いたり
人に読んで貰うための文章を作る
ということを続けてきた
このことは一見診療や医院経営には直接的に影響力の無いこと
でしたがちゃんと活きることもあったというわけです
普段の些細な仕事がどこでどう活きるかわからないものですね


大仕事を終えて一段落付いたので
先日の連休は忙しい時に家のことを任せきりだった
長男や家内に家族サービスしました
家内は自分が子供を預かってフリーで遊びに行って貰いました
長男は最近ガンプラにハマるようになったので
色々とプラモ制作の道具やプラモの揃えられるように
自分が昔通い詰めていた模型店に紹介がてら連れて行きました

「ガンプラ」...知っている人は知っているのでしょうが
ガンダムという昔から続いているシリーズもののロボットアニメ
のプラモデルです
かく言う私も40年ほど前の小学生の頃
最初のガンダムの劇場版が公開された時期に
この作品にハマってガンプラを買って作りまくっていました
この頃はいわゆるガンプラブームの真っ只中
(当時の熱狂ぶりは目の前の端末で検索してみれば分かると思います)
ガンプラは相当なレア商品で入荷の日デパート前に
朝の4時くらいから並ばないと欲しい物が手に入らないというほど
入手困難な代物でした
1980年代、ネットも通販も無い時代でしたから
何時入荷するのかデパートの店員さんに聞いてみて情報収集したり
「○○模型店にガンプラが入ってたぞ」
という友人の情報(時々ガセもありましたが)
を聞いて急いで自転車を走らせたり
今思えばあの頃から事前の情報収集であるとか
いざという時の行動決断や機動力とか
の必要性を学んでいたんでしょうね

そんな熱病もブームの最中に並んでいた子供らが
デパートのエスカレーターで将棋倒しになってケガをした
というニュース聞いて興醒めしたり
中学生になって忙しくなったことで
自然と冷めてフェードアウトしていきました

それにしても
未だにガンダムのシリーズが続いてガンプラも新しいモノが
ドンドン出続けていようとは
小学生当時の私にはまったく予想も出来なかったし
ましてや自分の息子が同じように手を出す様になるとか
....いやはや
小学生当時の私に顔が似ていて
家内にあれこれ説教がましいツッコミをする性格まで
ソックリな上に同じような趣味に走る
この長男は紛れもなく私の息子なんだな、と実感させられます
「子供は親のコピーです」
と、昔何かのCMで言われてましたが本当にそうです
私がいい加減なことをしているとこの子もそう育ってしまう
そう思うと背筋を正してこの子に恥じない様な生き様を見せないといけない
ですね
(まあ見られないところではダラダラしますが)

さて
話がシュート回転して思い切りキャッチャーミットから逸れた形になりましたが156_1345_s_ycur1v96x5pfv0579esltgq48wmk.jpg
ガンプラも40年前とは随分と様変わりして
とんでもなくアップグレードされていて
見栄えは普通に組み立てただけで塗装をしなくても色分けされたパーツのおかけで見た目も良いし
造形も圧倒的に良くなっています



私が小学生の頃に出ていた1/144スケールのガンダム(300円)なんてG1-144.jpg
白一色で自分で塗装しないとアニメと同じ色にならなかったし
腕や足関節も自由に動かない
まるで運動不足で体のカタいオッサンの様な可動しかしない
代物だったのですが


今の1/144(High Gradeというブランドになっていますが)155_1345_s_btzuk3oikghhf0awa6czywazmq6g.jpg
はパーツごとに色分けが完璧でただ組み立てるだけで
アニメと同じ色形に仕上がるわ造形もシャープで
まるで小学生当時にモデラーが改造したみたいな
カッコいい仕上がりになります
やれやれ、今のガk...もといお子様は恵まれすぎ
ですね

さてそれではガンプラの大先輩としてP1270019.JPG
何も長男にアドバイスできることは無いのか
というとそうでもなく
いくら完成度は高くてもプラモはあくまで素材にすぎず
手を加えれば加えるほど愛玩動物やプランターの花の様に
生き生きとして作り手の期待に応えてくれる訳で
とりあえず仕上げの第一歩として出来る
スミ入れ
コーティング
を教えることにしました
スミ入れというのはパーツの溝のところ
そのままだと成形色のままになっているのですが
ここを黒く塗ることでパーツの分割線がキレイに浮かび上がり
グッと見た目が良くなる処理です
コーディングはプラスティック特有のテカテカ感を
半光沢のスプレーコーティングすることで抑えて
重量感のある見た目のいい仕上がりにする処理です

まあ具体的な手法はプラモ講座では無いので詳細は省きますが
この辺りはごく基本中の基本でブランクのある私でも教えられる
程度のもの 少しは息子に対して父親としての株も上げられたかなと
ニンマリしています(仕事で株上げろよというツッコミは無しで)
プラモだけで無く使用器材も私の小学生の頃よりははるかに
進化発展していて、昔は黒のエナメル塗料を薄く溶いて
溝に流し込んでいたスミ入れ
(慣れないと周辺も黒く汚れて大失敗してしまうのですが)
今では極細サインペンで書くだけでアラ簡単
とまあ羨ましいくらいお手軽になっていたりします
研磨用のヤスリやらニッパーなどの工具
改造用のパーツやら展示用の透明ケースやら
随分と充実してるな
と紹介した模型店をあちこち見て回りながら思いました

その他、プラモ表面の研磨仕上げとか凹みの修正とか
ちょっと古い時期のプラモでは必要なテクもあるのですが
その辺りは入れ歯の割れたところの修理や研磨を日々やっている
歯科医師の私にはお手の物
この辺りも長男のテクが上がって来たら教えようかと
目論んでいます

実は長男が生まれる前後に短期間だけガンプラ作りに復帰していたのですが
結構歯科医師としての技工スキルが活きて小学生の頃よりは
プラモ制作もスムースに行く様になってました
(前述の様にプラモそのものが作りやすいものに進歩していたのもありますが)
いい歳したおっさんがプラモづくりなんて
と思われるかもしれませんが
意外に歯科医でプラモ作りが趣味という人は多いようです
手先を動かして盛る、削る、磨くが生業の我々
元々スキルは高いし道具は揃っている
研修会や見学などで指導する先生の医院を訪れた時に
作ったガンプラを見かけることもありますし
戦車や戦闘機プラモを歯科医の人が作って展示している
なんて話もよく聞きます
趣味なんてモノは自己満足なのだから
人に迷惑をかけない範囲で好きにやれば良いんです
塗料の匂いで家中臭くなったり家の中を汚したり
(小学生の頃これでよく母に叱られました)
買い込んで作りもしないプラモ箱を溜め込んだり
(これが家内の顰蹙をかって今の家に引っ越す際に捨てられました)
こういうことには気をつけないと行けませんが

日々何かしら繰り返しやっている仕事
というのは他の分野とか将来の仕事で
活きることがあるものですね

矯正科研修医時代に学んだ患者病状の情報収集・分析
そこからの治療計画立案やら
レントゲン画像のトレース(写し書き)スキルは
あの頃は面倒くさくてイヤイヤだったのですが
今でも矯正治療のみならず全ての治療をスムースにすすめる
計画作りに役に立っていますし
学生や独身時代に一人暮らししていた頃の
料理スキル(基礎レベルくらいですが)や掃除洗濯のスキルは
家内が不在だったり体調を崩している時に代理できますし

もっと遡れば
小中高と勉強してきたことも
当時はテストのためとか受験のためとか
そんな目先のことしか見えていなかったけれど
社会で生きていく上で基本的な知識であったり
物事を論理的に考える力を自然と養っていたりと
社会で生活していく上での下地になっている
なんてこともあります

肉体も頭脳もスキルも
一見その時は意味の無い単純作業に見えたり
自分のやりたいことに直結していない
のように見えますが後々活きることも結構あります


そんな次第で
私もまだまだ成長過程
どんな仕事も面倒くさがらずに頑張っていこうと思います
(明日には忘れているかもしれませんが〜
子供らにも日々勉強や家の手伝いや体を動かしたり
友だち付き合いの中から学ぶことも多いのだと
色んな事を大事にしっかりやって身につける様に
教育しようと思います


さてこれで
2ヶ月分くらいは書いたでしょうか
今回はこれまで

今後はいつも通りに更新できると思います

9月に診療があまりできなかった分
10月は挽回しようと思います
posted by 松尾 院長 at 07:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気商品

Seesaaショッピング