2017年12月29日

求人はいつもギリギリになっていい人が来る

おはようございます
って今何時ですか...朝の5時とかアホですか?
私は

サンタの正体がバレている長男と
まだ居ると信じている次男の対応の区別が
いい加減面倒になってきた院長の松尾です
長男は空気を読める男なので
次男にバラしたりはしないので一安心ですが
まあいつかは次男にもバレるんでしょうね


振り返ってみれば今年は患者さんの診療への満足度は高くなったようで
(不満のあった方はすみません)
「患者さんに優しい治療」という医院理念
をまずまず実践できたんではないか、と思うのですが
スタッフにとって居心地の医院であったかというと
ちょっと反省しないといけない1年でした
個々の勤務意欲や能力・成果に合わせて
勤務時間や給与設定ををするのはなかなか難しい
それは10月のブログに書いたとおりなのですが
その後、色々と見直して努力や成果を細かく評価するようにして
医院や患者様に大きく項連したスタッフは査定面で大きくプラスしていく
というシステムを構築する方向で何とか一段落つきました

この医院も5年ほどは安定していてあまりスタッフの退職もなかったのですが
ここに来てさらなる勉強や結婚を機に転職・退職で
大分メンバーが入れ替えることになりました。
ということで求人などを出しているのですが
なかなか求人難のこのご時世
質も量もコレといった人材は集まりません

数的に人手が足りない中
今居るスタッフが積極的にシフトの穴を埋めるように
自発的に申し出てオフの時間も出てくれる
のは人の情けが身にしみて有り難い
ホント良いスタッフに恵まれてよかった思っています
それはいいのですが
仕事納め直前の頃になって色々と無理がたたって
皆疲れたり体調を崩したりと
本当に経営者として院長として申し訳なく思います
早いところ人手が足りないのを何とかしたいのですが
猫の手も借りたい、誰でもいい
というわけでもなく
意欲と向上心のある人、協調性のある人など
ちゃんとした人をいれないと今居るスタッフに負担がかかってしまいます
ただ、ピンチはチャンスでもあり
来年春までに複数人が入れ替わるこの機に
今の良くなりつつある医院そして、これからのさらに進化していく医院に
適した人材を焦らずそれでいて迅速に求めていこうと思います

あっ、
このブログ読んでいる人で我こそはと思う方
電話お待ちしてます
誰でも良いという訳ではありませんが
条件が合いそうならとりあえず面接から始めます


と、まあこんな感じで仕事納めもバタバタと落ち着き無く終わり
私の方で終わってない仕事のブログを今頃(12/29の朝です)書いていたり
また院長室の大掃除整理も全部終わっていないなど
若干雑務が残っていて全然2017年の仕事は収まっていないです
もうメンドっちいから掃除はパスしようかな...

そんなこんなでこんなヘッポコ院長ではありますが
今年も1年間このしょうも無いブログを読んで頂きありがとうございます
来年2018年は医院にとって正念場となる1年になるでしょう
が、人材面の充実を図りつつ
ますます患者様やスタッフにとって良い医院になるよう
院長として努めていきたいと思います

それでは皆様よいお年を
posted by 松尾 院長 at 05:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気商品

Seesaaショッピング