2017年11月02日

*ゴダイゴといえばモンキーマジック

おはようございます
風呂は熱めが好みの院長松尾です
仕事から帰ってきて浸かるひと風呂は貴重なリラックスタイムですね
緊張から解き放たれてホッとします
そういう時は熱めのお湯で無いと入った気がしないので
熱めにして貰うのですが、私以外は熱めは苦手なので
私が1番に入ってあとは少し冷ましてから妻子か入るのが
日常です

そういう風呂が有り難いくらい
この10月はやたらと疲れる月でしたね、ホント
そんなに張り切っているワケでも無いのに
気がついたらあれこれやってるウチに一日が終わって
他のやろうと思っていたことが先送りになったり
おかげさんでこのブログも下書きは10月末にはできていたのに
アップは11/3になる有様ですよ、やれやれ

そんな次第で
医院自体は患者さんの評判も良く好調でいいのですが
より医院の診療内容や患者さんへのケアを良くしていくために
色々と試行錯誤しているところです
システムやら診療内容やらそろそろ見直しが必要な時期になってきました

私があまりスタッフに対して野放し...もとい
指導注意は最低限にとどめて自由な裁量で働かせてきた結果として
勤務4-5年も経ってくると同じ環境で働いていても
仕事の能力や成果の面で合う合わないの適正が出てきたり
仕事に対する意欲の差もあったりと
単純に同じに扱うことは出来ない差異が出てきました

スタッフも人間なので色々と個性なり考え方の差はある
....というのは理屈では分かっているのですが
スタッフに対して実際はそれがきちんと理解して対応出来ていなかったり
査定や注意指導の面でどうにも情にほだされて
公正な評価が出来てないこともあったり
なかなか人事であるとかスタッフ教育というやつは難しいです

この医院もだんだんと来る患者さんの治療をこなす
というレベルから
より高いレベルで満足して貰える診療を行って
また定期検診の時に気持ちよく来院して貰えるようになる
という段階に成長しなければいけない段階に今入ってきてる
といえるでしょう

企業なり組織という奴は
成長していく過程でどうしても今までやり方を変えなければ
いけなくなる転換期がある
一方人間という奴は基本的に保守的な生き物なので
現状で満足しているとそれを良しとしてしまいがちで
なかなか自分から変わらないといけない
という意識にならないと変化について行けなってしまうようです

そこは院長である私がしっかり各々のスタッフの意欲や能力・適性をP1250070.JPG
見て判断してやるべき事を指し示したりしないといけない
また意欲的に医院や患者様のために改善のアイデアを出したり
勉強してスキルアップしたり私が想定している以上に
より良い結果を出してきているスタッフには給与待遇面で
よれ報われるように論功行賞しないといけない
んですよねぇ...簡単じゃないんですが
歴史をひもとけば漢楚の戦いでの項羽陣営やら後醍醐天皇の建武の新政やら
論功行賞の失敗がきっかけで破滅した例というのは
いくつかあるのでウチの医院もそうならないように気をつけないといけないです

私自身が勤務医だった頃、実際どう扱われていたかといえば
院長の治療の至らぬ所をフォローしたり
頑張っていたにもかかわらず大して評価されなかった
院長のプライドを傷つけたのか逆に疎まれるようになったこともあって
(まあそこはうまく院長のプライドを傷つけないように
うまく対応しなきゃいけなかったんでしょうが)
元々なまけ者な性格ですし、30過ぎたあたりで腰を痛めるようになったのもあって
疲れるような余計な事しないでやることやってればいいや
的な働きになってましたか
....と、書きながら思い出してきました

自分自身が部下として経験していないことを
自分が上司になって部下に実行する
というのはなかなか難しいものですね
自分はいい思いしなかったから
とあまりに甘くなってもそれはそれでスタッフを緩めてしまう結果となり
医院経営を傾ける原因にもなりかねないですし
もう少し勤務医時代に歯科医師としてではなく経営者として
優秀な院長の下で長く近くで務めて吸収できればよかったのですが
その機会もなく、あったとしてもあの頃の私にはその重要性も認識できて無くて
勉強も出来なかったでしょうね

8月に他のデキる医院さんに見学に行ったような
余所のいいところを吸収できる機会を今後も作っていこうと思います


とりあえず疲れたので今回はこれまで
偶には景気のいい話とか楽しい話も書きたいところですが

では失礼します
posted by 松尾 院長 at 17:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気商品

Seesaaショッピング