2017年10月01日

私の愛車です、とは堂々と言えるが 私の愛○です、とは大っぴらには言えない

こんにちは
納豆には必ずかつお節をかけて食べる院長の松尾です
自宅ではいいのですが旅先の朝食では納豆にかつお節などないので
とうふ用のかつお節をかっさらってきて強引にかけています
最近はもう納豆も近所のスーパーで買わずに
大洗に行った時に買ってきたものしか食べないです
そのままでも勿論美味しいのですが実家では子供の頃から
納豆にはかつお節をかけて食べる
のが常だったのでもうそれでないと落ち着かないんですよね
長年染みついた習慣と言う奴はなかなか変わらないものです

閑話休題

このブログの月1回月末に何となく更新しているのですが
今回は9/27にもなったのに
まったくネタが思いつかない どうしよう?

まあ面倒くさいしどうせ誰も見ちゃい無いし
読んでも何ら「ため」にもならないブログなので
別に1回くらい飛ばしちゃってもいいよな

...というワケにもいかない
責任の度合いは低いとは言えこれも一応院長としての仕事なので
やることは形だけでやっていこうと思います

こんなこともあろうかと
最近の事柄で書くネタが切れた時に
ある程度テーマをいくつか用意してあったので
今回はそのカードの一つを切ろうと思います

時々私もブログに
車でも買いたい
なんて事を書いてきましたが
今回は免許を取って以来乗ってきた愛車達の話でもしましょう

思い起こせば30年も前
18歳で大学に入学した年の夏休み
大学のある宮城のお隣山形県の合宿免許で免許をゲット
お金のかかる私立ではなく安い学費の国立大に入ったら車を購入して貰う
というお約束を父としていたので
(人の親になって見れば分かるなんという甘え根性か)
高校時代からCMで見て密かにあこがれていた車があったので
中古でそれを購入したのが最初の愛車
MR-2でした

中古とはいえ憧れの2シーターMR-2.jpg
ミッドシップエンジンという本格的なコンセプトのスポーツカー
と期待を膨らませて納車....だったのですが
よりにもよって事故車だったのです
調達してきた業者もどうやらその辺見抜けなかったようで
まあお金を出してくれた父の紹介の業者だったのであまり文句も言えなかったのですが
曲がるたびに車体がギシギシいうわ、雨で水漏れるわ、ラジエターから水漏れしているわ
エアコンは壊れて効きが悪いわ...
かなりの困った状態でした
まあそれでも致命的なところは直し使っていたのですが
パワステはついてないわ、サスペンションが堅くてガクガク揺れて快適性に乏しいわ
車高が低くて駐車場に入るときにこすることがあるわ
高速で走っているとトラックなど大きい車に煽られて怖いわ
2シーターのせいで人も物も載せられないわ
等々...普段使うにはあまりにも不便でした
それでも蔵王とか東北の峠のウネウネ道をキビキビ走るのは
流石にミッドシップエンジンの車で面白かったし
はじめて乗るしかも憧れの車だったので
小まめにワックスがけしたり手入れもするくらい愛着を持って接していました
これで彼女でも乗せてドライブ出来れば良かったのですが
あいにく大学生の頃は大して女の子と縁もなく
サークルでもモテることもない日陰者だったので
そっち方面ではそんなに楽しい思い出もなく
結局、車社会の仙台や東北界隈ではこのMR-2を日常的使うにはあまりにも不便
ということで
知り合いの人が草レースに使いたいからということでその方に売却して
3年ほどでさようならでした
これで懲りてこの手のsportsタイプの車に乗ることもなくなりました
初めての車にこういう扱いづらい車を選ぶというのは割と父にも反対されていたのですが
願望が勝って選んでしまいました どうにも若気の至りと言う奴ですね

さて
今度は事故車の心配もない、日常扱いやすい車にしようetrna sava.jpg
ということで大学3年目に購入して貰った
(またこのボンボン息子は...すみません、これから親孝行しますんで)
2台目はエテルナsavaでした
バブル華やかなこの時代に大学生は大抵シルビアとかプレリュードとか
2ドアスポーツカーに乗るか、自分でバイトして買う学生は
スターレットとかシビックとか小型車選ぶのが流行だったのですが
どうにも私という人間ははひねくれ者で三菱のセダンという
珍しい選択をしてました(母の知り合いで三菱のディーラーさんがいたというのがありましたが)

今回は流石に新車でダメージの心配もなく荷物も人もしっかり乗せられて
近場で使ったり大学のある仙台→実家の鎌倉までの帰省などの長距離移動も楽々で
いい車でした

仙台に9年、大学での学生・研修医生活も終わり
実家鎌倉に戻って勤務医として働くことになり
この車も実家に持って帰ってきたのですが
勤務医としての務めも忙しく、車社会の東北とは違い
通勤や移動で車を使う機会もない東京近郊では
このエテルナを走らせることもあまりなくなった上
実家に止める場所もなかったので
実家に戻ってほどなく母方の実家の方で使って貰うように譲ってしまい
お別れとなりました
この車は扱いやすいのは扱いやすくてよかったのですが
特に特徴もなく平凡な車だったのでただ記憶にも残ってなく
ただ同級生らから変わった車を購入したせいで車の名前から
「サヴァ夫」
などという変なあだ名を付けられたことの方がよくよく記憶に残っています

女の子との恋愛沙汰も少ないわ
同級生に軽く扱われるわ
私の大学生活って碌なもんじゃなかったですね
いやはや
この辺の話も面白可笑しく折を見て書いてみましょうか



かくして10年くらい
自分で車を持つ機会もないまま旅行や移動はバスや電車という日々が
続いたのですが
30過ぎた頃に勤務先医院の分院に異動が決まり、そこは車でないと通勤が不便なところで
ちょうどこの頃結婚していて今後何かと車も要るようになるだろう
ということではじめて自分の貯めた貯金で買ったのが
今も使っているフィットです

そんなに余裕もなかったのでメーカー直営の中古でHonda_Fit_W_1300_4WD.JPG
なにか良い車はないかと探していたのですが
ちょうど店舗で展示されていた車であまり走っていない
ほとんど新車に使いいい物が見つかり
ということでこの車にしました
自分のお金ではじめて買った
と言うことである意味この車が
私のとって初めての自分の車、といえるでしよう

私もしばらく車に関して関心も失い情報を集めてなかったのですが
フィットぐらいの1300tの車というと
大学生だった1990年代の頃のイメージで留まっていて
非力、狭い、安っぽい
とあまり良くないモノだったのですが
2005年に買ったこのフィットは
中も広くて大人4人が普通に乗れて
町中で乗るにも小回りがきいてフットワークが良く、
高速走行でも追い越しの加速性や安定性がよくてまずまず不安なく走れるだけの
性能があってかなり満足してます

買ってからはや10年以上経って
小学生になった二人の子供と家内を乗せても
ゆとりのあるスペースで快適に乗れて
ほとんど壊れることもなく元気に快適に今でも走れています
というかあまり使わないので10年以上使っているのに
未だに走行距離5万キロ行ってないです
子供の頃に見たうちの父の車だと大体5年使って5万キロ越えて
その頃には可だが着て買い換えていた と記憶してますが
40年近くも前の頃とは違って最近の車はより完成度も高くなってるし
整備も小まめに受けてるのでまだまだ長持ちするでしょう

ただ、流石に最近の車と比べると見劣りすることも多い
車検の代車でホンダさんの新しいフィットや同クラスの車を
使わせて貰ってるとキー周りの利便性や静粛性なんかも流石に進歩したなと
感じさせられてそろそろ新しいのに乗り換えたいな
という気になってしまいます
薄々感づかれたのか車検を依頼しているホンダの担当の方にも
色々と試乗とかを切っ掛けに購入を勧められるのですが
いやはや
まだまだ今のフィットも元気だし、開業で借金抱えている身なので
贅沢も出来ない
宝くじでもドーンと当たったら買っても良いのですが
それにしても独逸車とか外車は自分には要らない
歯科医院の院長ということでステータスシンボルとして箔のつくような
高級車というのはどうにも自分の性には合わないし
あまり高い車買っても自分で手入れしたり洗ったりする時間もない
何しろ自宅マンションに水洗いできる環境もないし
近くにコイン洗車場もないのでもっぱらガソリンスタンドの洗車機に
たまにツッコむくらいです

近所のフィットネスや買い物に行くにも困らず
故障やトラブルも少なくて
たまに家族全員乗せて高速道路で長距離走っても疲れないようであれば
日本車で十分

とりあえずは今のフィットとまだまだ付き合っていこうと思います
流石に子供らが中高生の大きいガタイにになったら
今のフィットも相当狭くなるでしょうから
その頃が限界ですかね
もっもと子供らがその年頃になったらあまり親と一緒にドライブに行くとか
なさそうなんであまり考えても意味ないでしょうが

子供らが家を出たら
家内と二人になるので遊びに行ったりするのにまたsportsタイプの車でも
しようかな


とりとめもない思い出話でしたが
そんなこんなで内容も埋まったのでノルマ達成
ということで今回はこれまで
それでは失礼します
posted by 松尾 院長 at 09:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気商品

Seesaaショッピング