2014年07月14日

目に見えずとも真実はそこにある

って、名探偵コナンのナレーションみたいだな....

とりあえず、少しゆとりも出たので
書こうと思っていたネタの一部をちょこっと書きます
診療をしていてしばしば出くわすケースについてです

「歯が痛い」
という訴えで歯科医院を訪れる患者さんは多いのですがshizui illust01.jpg
その原因はざっくり分けて
1.歯のいわゆる神経(歯髄)が炎症を起こしている
2.歯の周りの歯ぐきや歯を支えている組織が炎症を起こしている
3.歯の一部分が外部からの刺激に対して過敏になっている(知覚過敏)
4.歯に連なる神経の異常から来る痛み
といったところでしょうか

2,3,4についての話はまた別の機会にしますが
今回はまず1.について特に原因が分かりにくいケースについての話をば

歯の神経(以降面倒くさいので歯髄と書きます)は
通常エナメル質やら象牙質やら歯の分厚い壁の中に守られるように
あるのですが
そこに何からの原因でバイ菌や毒素が入り込んでくることで
炎症が起こって痛みや強い凍みを感じるようになります

具体的に歯の内部の歯髄に侵入があるのは
1.虫歯が進行して歯髄まで達した場合
2.過去に歯髄付近まで歯の治療で削ってその付近から歯髄に侵入した
3.かなり例外的ではあるが歯の根の先まで歯周病が広がってそこから侵入があったshizui illust03.jpg
(右図)
そして
4.歯が割れてその亀裂が歯髄に達した場合shizui illust02.jpg
(右図)


さて、前置きがかなり長くなりましたが、今回はこの
4.歯が割れてしまったことによる歯髄の炎症
についての話をしていきます。

悲しいかな、歯の破折というものは
健康で特に今まで虫歯の治療で削られたことのない歯でも
そして特に強い力で咬むことがなくても日常咬んでいるときに
起こることがあります。

そしてこの歯の破折や亀裂という奴は
はっきり竹を割ったようにパックリと割れることもあれば
まったく肉眼でプロである歯科医師が診ても
一見有るかどうか分からない程度のものもあります
これがなかなかやっかいで
「一見、見た目 虫歯も詰め物もなく綺麗で健康な歯がズキズキ痛む」
という奇妙な症状が見られるわけで歯科医師としてはなかなか
判断が難しくどうしていいか分からない
というケースになります

私くらい慣れた歯科医師になると(自分で言うか)
歯髄の炎症のサインである
*熱いもの冷たいものが凍みる
*咬むと痛みが強くなる
*酷くなると何も食べたり咬まなくても痛み出す
が、密かに割れている歯で見られるだけで
ははぁ、見破ってしまうわけですが
でも、すぐにわからないことが殆どです。

歯髄の炎症、となるといわゆる神経取り(面倒なので以下抜髄)の
治療が必要なのですが
一見何ともないように見える歯を麻酔して削って抜髄治療するというのは
なかなか勇気の要る決断です。
削ってみて実際歯が割れているわけでも歯髄が炎症を起こしている歯でもなかったら
取り返しつかないことになってしまいますので

まずはかみ合わせを落として歯の負担を減らしたり
消炎鎮痛剤を服用して貰ったりと他の方法を試してみますが
それでもどうしようもないときは患者さんによくよく
「目には見えないけれど歯が割れていて
そこから歯の神経の所にバイ菌が入り込んで炎症を起こしている可能性がある
これは神経取り(抜髄)をしないと解決しない」
と、いうことをよくよく説明して納得頂いてから抜髄をするようにしています。


結局はこの決断できるかどうか
が一番のハードルになるのですが
逆にしっかり歯髄が炎症を起こしている確証を得て、
抜髄をしてあげれば確実に痛みは消失し
患者さんからはかなり有り難がられて医院の評判もあがる
(かもしれないです。)


特異なケースとしては
第二小臼歯(前から5番目の)に稀にみられるshizui illust04.jpg
中心結節と呼ばれる突起のあるものです。
(右図)

その細長い突起に細く歯髄組織が入り込んでいて
ここが咬みあわせの力でポキッとおれてしまうと歯髄が露出して
歯髄炎になってしまい、またしても
一見なんともない健康な歯がズキズキ痛む
という原因のわかりにくいトラブルが出てきてしまいます。

まつお歯科医院でも最近、この例にあたる人が来院し
以前からその近辺で痛みを感じていたけれど
虫歯も歯ぐきの腫れもなくなかなか原因が掴めず
しみ止めの薬を塗ったり、歯石取りをして歯ぐきの腫れを抑えたりして
経過を見ていました。
それから数ヶ月してようやく歯髄炎の所見が見られるようになったため
よくよく再確認してみたら下顎第二小臼歯のかみ合わせの面に中心結節の折れた跡があったため
「中心結節破折による歯髄炎」と判断して抜髄し、
その後はスッパリ痛みもなくなって安心して咬めるようになった
ということがありました。

ともあれこの
「一見何ともない歯でも気がつかない内に割れてしまい、中の「神経」が腫れて痛み出す」
というケースはよくよく見落とさないように歯科医が気をつけないといけない
と痛感しています。

これを読んでいる方でももし思い当たる節があれば
最寄りの歯医者さん(できればまつお歯科医院でお願いします)にかかって診てもらうとよいですね。
挿絵が手描きのものをスキャンしたのでちょっと美しくないんですが
ご容赦あれ

ガラにもなく久し振りにまともに歯科医院らしい内容のブログを書いてしましました。
たまには歯科診療の話もしないと
ただの疲れた事業主のおっさんのプログ
になってしまいますし

また、少しゆとりが出来たら残りのプログネタを披露します
今度は私がプライベートでやっている趣味の話など
あまり高尚な趣味でもないのですが


ではまた
気まぐれに更新します。





posted by 松尾 院長 at 09:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはりコナン。。。お好きなのですね^^

今回のブログ、とても参考になりました。
更新また楽しみにしています。
Posted by もじゃ犬 at 2014年07月16日 16:35
返事も書かずに放置ですみません
基本ダラダラと不定期に
時々真面目な内容で行きますので
よろしくお願いします
Posted by 院長 at 2014年08月01日 09:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気商品

Seesaaショッピング