2018年06月01日

人という開けてビックリ玉手箱

こんにちは
G.W.の休み貯金も尽きて早く次の連休が恋しい
院長の松尾です
家族サービスで旅行行ったり、のんびり自宅で休養したり
結構な時間フリーで過ごして十分ガス抜きした
はずなんですがね
どうにも生来の怠け根性は変わらないようです
朝早くから出勤して仕事したり
休みの日も出てきて残務をこなしたり
世間からするとさぞ私は働き者の院長
と思われているのでしょうが根っこの所は違います
必要に迫られているから働いているだけです
仕事やらは早く片付けて楽したいからさっさとやろうと
やる気のわずかでも残っている内にさっさとやってしまおう
と、そういう考えですね

医院でも家でも立場上あまりダラダラしていられないので
サボる時は人知れずサボります
人間働き過ぎは良くないです、なんでもほどほどが一番
まつお歯科医院に訪れる患者様のために最善の仕事をしよう
という気持ちはもちろんありますがね



閑話休題
新しく入ったスタッフの方も一通り仕事を覚えて
手も離れてきたのでまずは一安心
なのですが、去年の10月あたりから面接面接面接
でどれだけの人と会ったか
今まで数年間人の入れ替わりも殆ど無く
ろくに面接やってなかった分がまとめてきた感じでしたね
採用してはみたものの残念ながら体力的、能力的にについていけなくて
すぐに辞めたり、あるいは辞めてもらったり
という人もいる一方
正直なところ採用した時に普通そうな人だなと思っていた人が
実際働いてみたら思わぬ能力を発揮したり頑張りを見せたり
面接しただけでは人の本質というものはなかなかわからないものだな
と思いました

家庭でも
毎日一緒に暮らしている家内もさすがに付き合いは長いので
もう色々とわかり尽くしているつもり
と思っていたら意外なことを考えているのに気がついたり
ダラダラ怠けているように見える長男
(誰に似たんだか...イヤお前だろ(自問自答))
も最近しっかりして色々と家のことを頼める頼もしさが
出てきたり
我が儘マイペースな次男
(誰に似たんだか...いや(以下略))
も絵描きの方で賞を取るなど才能を見せたり
人は見かけによらないものだと実感することが多い
今日この頃です


歯科医師/院長という仕事をしていると
日々患者として訪れる人
取引する業者さんとして訪れる人
スタッフとして医院に出勤してくる人
等々
色々な人と接するのですが
表面的な付き合いだけではなかなか
人の内面というものはわからない
ものですね

開業して9年、色々な人との出会いと別れがありました
時には不愉快な思いもしましたが
多くは医院の仕事に大いに貢献してもらったり
適確なアドバイスでより良い方向に導いてくれたりと
プラスになることが多かったと思います

その時、その時
自分なりに最善と誠意を尽くして関わってきたつもりですが
スタッフとしてはこの医院に勤めて
あるいは患者様として治療に来て良かった
と果たして思えてもらえただろうか?
ということは気にかかるところではあります

グダグダ文句を言いながら日々隙を見ては休もうという
自分ではありますが
少なくとも出会う人にイヤな思いをさせる
ということはないように心がけたいなとは思っています

ただしダメなものはダメ
と、キチンと言うべき所は言います
相手は分かってくれるだろう
そう期待して多少の悪いところを大目に見ていると
結果として後々悪い結末を導くということを
イヤと言うほど味わったので
そこのところは気をつけようと思います

自分も相手も円満に気持ちよく
人と関わっていくのはつくづく難しいな
と感じている今日この頃です


さてスペースもそこそこ埋まったので
今回はこれまで
最近特に疲れ気味ですね
6月は少しペースを落としていけると思うので
大丈夫と思いますが

あっ、なんか画像入れるの忘れた
まあいいか
posted by 松尾 院長 at 09:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気商品

Seesaaショッピング