2018年06月01日

人という開けてビックリ玉手箱

こんにちは
G.W.の休み貯金も尽きて早く次の連休が恋しい
院長の松尾です
家族サービスで旅行行ったり、のんびり自宅で休養したり
結構な時間フリーで過ごして十分ガス抜きした
はずなんですがね
どうにも生来の怠け根性は変わらないようです
朝早くから出勤して仕事したり
休みの日も出てきて残務をこなしたり
世間からするとさぞ私は働き者の院長
と思われているのでしょうが根っこの所は違います
必要に迫られているから働いているだけです
仕事やらは早く片付けて楽したいからさっさとやろうと
やる気のわずかでも残っている内にさっさとやってしまおう
と、そういう考えですね

医院でも家でも立場上あまりダラダラしていられないので
サボる時は人知れずサボります
人間働き過ぎは良くないです、なんでもほどほどが一番
まつお歯科医院に訪れる患者様のために最善の仕事をしよう
という気持ちはもちろんありますがね



閑話休題
新しく入ったスタッフの方も一通り仕事を覚えて
手も離れてきたのでまずは一安心
なのですが、去年の10月あたりから面接面接面接
でどれだけの人と会ったか
今まで数年間人の入れ替わりも殆ど無く
ろくに面接やってなかった分がまとめてきた感じでしたね
採用してはみたものの残念ながら体力的、能力的にについていけなくて
すぐに辞めたり、あるいは辞めてもらったり
という人もいる一方
正直なところ採用した時に普通そうな人だなと思っていた人が
実際働いてみたら思わぬ能力を発揮したり頑張りを見せたり
面接しただけでは人の本質というものはなかなかわからないものだな
と思いました

家庭でも
毎日一緒に暮らしている家内もさすがに付き合いは長いので
もう色々とわかり尽くしているつもり
と思っていたら意外なことを考えているのに気がついたり
ダラダラ怠けているように見える長男
(誰に似たんだか...イヤお前だろ(自問自答))
も最近しっかりして色々と家のことを頼める頼もしさが
出てきたり
我が儘マイペースな次男
(誰に似たんだか...いや(以下略))
も絵描きの方で賞を取るなど才能を見せたり
人は見かけによらないものだと実感することが多い
今日この頃です


歯科医師/院長という仕事をしていると
日々患者として訪れる人
取引する業者さんとして訪れる人
スタッフとして医院に出勤してくる人
等々
色々な人と接するのですが
表面的な付き合いだけではなかなか
人の内面というものはわからない
ものですね

開業して9年、色々な人との出会いと別れがありました
時には不愉快な思いもしましたが
多くは医院の仕事に大いに貢献してもらったり
適確なアドバイスでより良い方向に導いてくれたりと
プラスになることが多かったと思います

その時、その時
自分なりに最善と誠意を尽くして関わってきたつもりですが
スタッフとしてはこの医院に勤めて
あるいは患者様として治療に来て良かった
と果たして思えてもらえただろうか?
ということは気にかかるところではあります

グダグダ文句を言いながら日々隙を見ては休もうという
自分ではありますが
少なくとも出会う人にイヤな思いをさせる
ということはないように心がけたいなとは思っています

ただしダメなものはダメ
と、キチンと言うべき所は言います
相手は分かってくれるだろう
そう期待して多少の悪いところを大目に見ていると
結果として後々悪い結末を導くということを
イヤと言うほど味わったので
そこのところは気をつけようと思います

自分も相手も円満に気持ちよく
人と関わっていくのはつくづく難しいな
と感じている今日この頃です


さてスペースもそこそこ埋まったので
今回はこれまで
最近特に疲れ気味ですね
6月は少しペースを落としていけると思うので
大丈夫と思いますが

あっ、なんか画像入れるの忘れた
まあいいか
posted by 松尾 院長 at 09:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

買い物は計画的に

こんにちわ
最近お寿司屋さんでウニやいくらを初めて食べて
こんなに美味しいモノだったのかと感動している
食わず嫌いの院長松尾です

年を取って味覚の趣向が変化した
...のではなく
今思えば子供の頃に連れて行かれた寿司店が異様に不味い店で
寿司=不味いモノというイメージがついてしまったのが
良くなかったですね
この美味しかったお寿司屋さんの大将は握りが美味いだけで無く
なかなか元気もあってカウンター越しのやりとりも小気味良い感じで
楽しく食事が出来ました

食事処も歯科医院も第一印象が大事
と、いうことで特に初診でお越しいただいた患者様には
当院、ひいては歯科医院そのものに悪いイメージを
抱かれるということのないよう細心の注意を払って
丁寧な対応をしないといけないな
と改めて思いました


さて
年始からなんやかんやとバタバタしているウチに
もう4月も終わりとは...早いものですね
ようやく医院内も落ち着いてきたのですが
まだまだ課題は山積み
安心してノンビリしている暇などないですね


時々検診に来てくださっているインプラント担当の先生から
聞いた話を参考に診療で使う材料や薬の発注の仕方を変えることに
しましたその下準備で在庫をひとまとめにしようと
整理していたら出るわ出るわ死蔵していた物品が...

材料屋さんに勧められてとりあえず買ってみたものの
殆ど使わずじまいでおいてあるもの
治療のやり方を変えたことで使わなくなったもの
保管期限の切れたもの
足りないからと不必要に大量に買いすぎたもの
等々...

問題も日常化してしまうとそれが普通と思って
まったく改善しようとか気付きもしなくなるもので
怖いものですね

材料の注文は必要最小限の数を買うだけにするP1260037.JPG
むやみに勧められたものを買わない
似たような材料はできるだけ統一して在庫をシンプルにする
在庫の状況を一目見て分かるような保管の仕方にする

こうすれば毎年年末に行っている在庫チェックの棚卸しも
今まであちこちに在庫が散らばっていて
カウントしにくかったのが効率よく少人数・少時間で
できるようになって人件費も節約が出来るようになるでしょうし
いいことずくめですね

去年も高名な先生の医院を見学した時に感じたのですが
時には他の医院のやり方も見て当院の有り様を客観的に見直す
そういう機会を持つのも大事ですね
日々の仕事に埋没してただ惰性で過ごしていくのでは無く
時々は外に出て学んだり自分の仕事ぶりや医院のことを見つめ直す
こういう機会をいつも作るように心がけたいと思います


明日からはいよいよGW
久々にまとまった休みで家族サービスで旅行に行ったり
あちこち買い物やら見て回ったり
ノンビリ気楽に過ごして心身共にリフレッシュしようと思います

では今回はこれにて





posted by 松尾 院長 at 07:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

「近頃の若いモンは...」と、ぼやくのはオッサンの始まり

こんにちは
花粉症のせいか外に出ると花粉が舞って大気が黄色く見える
被害妄想な院長松尾です
若い頃に比べれば大分症状は弱くなったんですが
今年は妙に酷く出ますね
色々とストレスやら疲労やらで体弱っているせいかもしれません

退職したスタッフの後任になる人材を求めているのですが
なかなかこれという人が居ない
能力的な事柄は経験が無いのだから求めないのですが
社会人として最低限のルールも守れないような人は話になりません
詳細を書くことは控えますが関わって不愉快になるような人が
以前よりも多くなった気がします
(先日実家に帰った時に歯科医をリタイアした父に聞いたら最近でも無く
そういう人は自分の頃にも居たと言われましたが)

ポジティブに考えるなら
社会の中で生きていく最低限のルールも分かっていない
人と人との約束事を軽視するような人が
患者様に深く関わる前に居なくなってくれて
医院としては結果的に良かったと思いたいところです

人手が足りない分頑張っているスタッフには負担をかけてしまい
院長として申し訳なく思うのですが
人の数さえ揃えば誰でもいい というわけではなく
ちゃんと患者様のことをきめ細かにケアできる
自分の利益ばかりを優先するのでは無く
医院の診療がきちんと回るように気を払って動いてくれる
少々のことではへこたれない意欲と体力のあるスタッフを求めて育てていきたい
今後のまつお歯科医院がよりよく患者様のために良い診療が出来るよう
人材を揃えていきたいと思っています


あまり楽しくも無い内容なのでP1260012.JPG
医院を飾っているプランターの美しい花でも見て
和みましょうか
いいお花を持ってきてくれたお花屋さん
どうもありがとうございました
良い仕事してもらえるとこちらも良い気分になりますね

きれいな花や景色、きれいな人の心ばえに触れると
本当に心洗われます
自分もそういう一期一会で良い印象を人に与えられるよう
悪い気分にさせることがないように気をつけたく思います

愚痴ばかりで面白くも無い内容なので
今回はこれにて

*おまけ
スタッフのお子さんが遊びに来たのでP1260011.JPG
人手不足ということもあってアルバイトしてもらいました
(それは冗談で単なる暇つぶしなんですが)
なかなか出来たお子様で洗濯物を干したり
プランターの花に水をやってくれたり
診察券のシール貼りをしてくれたり
キチンとやってくれました
お仕事してくれた内容を絵に描いてくれて
なんとなく気分も落ち込んでいる中
心救われた感じがします
小さいのにエラい!よく頑張った
と、いうことでアルバイト料というか
ご褒美に欲しがっていたカラフルなフロスを
プレゼントしました

ありがとうね、あと20年くらいして大人になったら
ちゃんと勤務するように面接に来てね
posted by 松尾 院長 at 09:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気商品

Seesaaショッピング