2019年07月31日

苦労はみんなで分かち合うもの


こんにちは
梅雨も空けて夏本番すっきり爽やか
とはいかず車をぶつけてしまいウン十万の修理費で
心は未だジメジメ気分な院長の松尾です
車を擦っただけで人様を傷つけた訳でも無く
私が損をする自業自得なだけなので良いのですが
最近矯正患者様の治療データー分析と説明資料の作成やら
マウスピースや仮歯と言った院内技工物を自分で作るとか
研修会の報告内容の整理とレポート作成やら
色々と雑務が溜まりに溜まって集中力を欠いているようで
さらにはそのためか
大事に保管していたはずの物がなくなったり
患者様への対応で粗相があったり
色々と良くないことが続きます
少し前まであった人手不足の問題が解決の方向に向かって
気が抜けて緊張感をなくしてしまったようです
大丈夫になっというところで気を緩めないように
気をつけないといけないですね


7/21はお休みさせて頂いて
睡眠時の歯ぎしりによる歯の破壊対策
について勉強してきました
日頃まつお歯科医院でも
睡眠時のの歯ぎしりが原因と思われる被せ物の脱離や破損
歯の破折と言った過重負担による破壊が
特定の患者さんに集中して起こるケースがあって
私も常々何とかしなくてはと思っていたので
渡りに船な研修会でした
当初は自分のかぶせ物の入れ方が悪かったのか
と、思い悩んだこともありましたがどうにもそれだけでなく
診療している私が確認することが難しく
また患者自身にも自覚の無いままに行われている
睡眠時の歯ぎしり食いしばりで強大な力が
歯やそこに被さっているかぶせ物にかかり続けた結果
歯やかぶせ物の破壊が起こっていた可能性があると
改めて学びました

起きている時のスポーツや力仕事での噛みしめや食いしばりは
意識していれば減らすことも出来ますが
寝ている時に脳神経が覚醒してしまい
無意識に行ってしまう歯ぎしりや食いしばりに関しては
気をつけろと言われてもどうしようもありません
気をつけようが無いのです
無意識のうちに行っている呼吸や心臓の鼓動を止めろ
と言っているようなもので無理ですね

睡眠時の歯ぎしりを誘発する原因として
ストレスや服用薬、嗜好品(コーヒーやアルコール飲料など)
睡眠時の無呼吸など
があるのですが
これらを突き止めて解消することで歯ぎしりを必ずしも
なくすことができるとは限らないので
歯にかかる力を歯並び全体に分散負担させる
ためのマウスピースを制作してセットするようになりますP1280017.JPG
少数の歯で力を支えるのでは無く 歯並び全体で支えて
負担を軽くすることで個々の歯やかぶせ物にかかる力を
軽減することが出来ます
単に診療室でお口の中を見たり歯の失われた部分を治す
というだけでなく患者様の生活に潜む問題もしっかり見て
患者さんそのものをケアするという発想にならない
といけないですね
どうにも視野狭窄になっていた感があります
反省です


歯周病や虫歯でだんだんと歯が失われていくと
お口の中の歯も上下でかみ合う本数が少なくなってしまい
個々の歯にかかる負担が増して割れたり
歯周病になりやすくなって
その寿命を縮めてしまうことになります
虫歯や歯周病などで歯を損なわないことがベスト
もちろんこれに尽きるのですが
失われてしまった歯については取り戻すことは出来ないので
前向きの残っている歯がこれ以上失われないように
努めていくしかないです
そのために歯の無くなったところには入れ歯やインプラント等で補い
虫歯や破折などで歯の欠けた部分は詰め物やかぶせ物で補う
1本くらい具合が悪いだけならいいや
と放っておくと他の歯に負担が行ってしまい
結果として他の歯も損なうことになります
早め早めの治療が大事ですね

歯と同じように
チームでやっている仕事も働いてる人が減ってしまうと
個々の人にかかる負担が増してその人がダウンしてしまいます
一時期人手が足りない頃は私も随分と雑務をこなさねばならなくなり
自分が院長としてこなすべき仕事もあまりできず
休みの日はぐったりで研修会にもなかなか参加出来ない
なんて時期もありました
自分のなすべき事はしなきゃいけませんが
オーバーワークはいけません
仕事の質も落ちますし

と言い訳しつつサボっているのはさておいて
ですが

色々と書こうと思っていたのですが
余裕が無いので今回はこれにて
夏休みまであと半月ほど頑張って
家族旅行でも行ってきたり
ゆっくり骨休めしてきます
その頃には車も直っているでしょうかね
来月はその辺のことなど楽しく書ければ良いのですが

まあ夏休みもなんやかんやで残務があって
医院に出てくることになるでしょうが
プランターの花に水もやらないといけないし
医院も何日も空けていると心配なので
見回りついでにちょこっと仕事もします


それでは失礼します
暑さにやられて熱中症にならないように
気をつけましょう
posted by 松尾 院長 at 12:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

お大事に

おはようございます
電気代をケチって夜中暗がりで見えない家の中を歩いて
壁にぶつかってメガネを壊して
結果的に電気代以上に高い修理費を強いられた
マヌケな院長の松尾です
夜中寝ている家族に迷惑かけないようにと
照明を付けなかったのですが馴れている家の中のつもりでも
油断は禁物、ですね

6月は祝日が無くてキリキリ働かないといけないので
どうにも体を休めるところが無い
週1火曜しか休みが無い私としては辛い月なのですが
中旬になって次男が学校から持ってきた風邪をうつされてしまいました
6/17の臨時休みに所用で出かけていたのが悪かったか
大したことが無かったのをこじらせてしまい
翌日の火曜休みをじっくり休んで回復
....できればよかったのですが回復が少し足りなくて
あと1週間くらい体調不良を引きずってしましました

結局、どうしようもなく回復しなかったのでDSC_0045.JPG
ようやく定休になって動けるようになった時に
病院に行って診て貰いました
点滴して貰って抗生剤やら下痢止めの薬やら整腸剤やら貰って
その日はひたすら寝ていたら夕方ぐらいには大体治ってしまいました
まあ一週間前の火曜定休の時点で病院にかかるべきでしたね
万事
「大丈夫だろう」「なんとかなるだろう」
で済ませていると碌な結果にはならないものだと悟らされました
いやはや

どうにもおっさんになると回復力やら免疫力が
若い頃より落ちてしまっていけませんね
健康面から言うと今の状況は回っているコマのようなもので
ちょっとバランスが崩れればたちまち回転が止まってしまう
早寝早起きしたり運動したり定期検診を受けたりも大事ですが
余計な風邪やインフルを移されたりしないよう
予防管理も必要ですね
まだまだ20年は頑張らないと行けないし
しょうも無いことで躓いては居られません

研修会に参加する余裕も出来るようになり
一時期の人手不足の状況からは落ち着いたものの
まだまだ私自ら雑事をこなさなければいけない環境ではあり
肉体的な疲労もどうしても溜まってきますね
そういうわけで休むところはきっちり休みます


年明けから人手不足だ、求人だ、新人教育だと
慌ただしくしているウチに今年も半分終わってしまいました
半年なんてあっという間です
そんなこんなで7月
7/1から毎年恒例の七夕飾りをやります
というわけで笹を購入しました

7/1〜7/7P1280014.JPG
短冊に願いを書いてくれた方には
もれなく「虫歯になりにくいチョコ」(予定)
をプレゼントします

毎年毎年私の願いは普段の行いがいいからか
叶うのですが
あまり「金が欲しい」とか「休みが欲しい」とか
そういう俗っぽいお願いをしないからなんでしょうね
まあ休みは欲しいんですが


6月から今まで以上にしっかり収益目標を立てて
それを目指してきっちり働くようになって
気合は入るようになったというかゴールが見えて励みにはなってます
もっと早くにやらなきゃいけないことなんでしょうが
この10年は借金返済やら最近は人員整理再建やら目の前のことで手一杯で
そこまで考えている余裕もありませんでした
患者様により良い診療をやっていこうというのがまず第一ですが
自分自身の健康な生活や将来の安定
家族が安心して暮らしていけるだけの余裕も大事ですね

余裕も出てきたので目の前の仕事をただこなすだけで無く
先々を見据えてより良い診療ができるように
自分自身のスキルも挙げていきます
研修会やセミナー参加でポツポツと
日曜あたりに臨時休診がはいることが今後もあると思いますが
上のような理由のためどうかご容赦ください

そんなこんなで目先の小石に躓くことの無いように
気をつけながらも足元にも気をつけつつ
ずっと前の方をも見据えて
今年の残り半分を頑張っていこうと思います

今年の夏は暑くなるんですかね
その前に早く梅雨が空けてほしいものです

それでは今回はこれにて
失礼します
なんか最近無難な内容で面白みもないですね
ちっとは楽しいことでも書ければ良いのですが
posted by 松尾 院長 at 09:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

十年一昔

こんにちは
スマホの画面が汚れていると気になって拭かずにはいられない
先月に引き続きそれでも本当はきれい好きでもない
院長の松尾です

長い長い連休で休むのに飽きた頃にようやく連休が明けて
それまで休んでいたツケがどっと出たかのように
月末まで電話が鳴りまくる、予約はキッチキチ
急患はアポ無しでドンドン来る
で、ようやく月末になって落ち着いてきた
そんな令和が始まっての5月でした
いやはや参りました

そんな慌ただしい日々を過ごしているウチに
まつお歯科医院も開業して10年を迎えていました
私のようなマイペースな怠け者がよくもまあ10年も院長なんて
やっていられたものだと思いますが
信頼してくださる患者様の皆さんと頑張ってくれたスタッフと
色々とサポートして頂いた業者の皆様方等々のおかげです
有り難うございました

10年も経ってこうして身の回りを見てみれば
使っているものも少しずつ変わっていってます
歯科材料や機器はもちろんのこと
このブログの原稿を作ったり矯正治療のレントゲンの分析に使っている
ノートPCも2回ほど買い換えました
開業以来長い付き合いだったガラケーも去年あたりにとうとう
調子が悪くなってしまいスマホに切り替わりました

世の中ここ数年何をするにもスマホ、スマホという環境になっていますね
会員登録やらコードを読み込んでの応募やらコンビニでの支払いやら
スマホに乗り換え使い始めてみると色々と便利なもので
上記の目的の他にも持ち帰りのファーストフードの予約注文やら
電車の乗り換え案内やら研修会などで見知らぬ場所に行く時などは
Googleナビが非常に役に立ちますね
さながら外に持ち歩ける小型PCというところですか

このスマホも大分世間一般に普及して
殆どの人が持っているのが当たり前となった現在
歯科医院経営にも大いに影響するようになっているようで
求人などは紙媒体よりはスマホで見て申し込む人も増えてきましたし
この間参加した研修会ではLINEを使った患者様への広報やら
割引クーポン券の発行などのやり方も少し教わってきまして
是非まつお歯科医院でも導入してみたいと思いました
(現状まだまだ他に優先することが多いので後回しになりそうですが)

情報収集やコミュニケーションツールとして大いに便利なスマホですが
ただメールやLINEでのやりとりが日常になってしまい
大事な話もメールやLINEで済ませてしまう
なんてなるのはちょっと困りものです
メールやLINEではどうしても一方通行なコミュニケーションに
なってしまうので相手の反応も見ずに承諾も得ない勝手な連絡をされたり
時としてあまりにも失礼であったり非常識なメッセージを
送ってしまうことがあります
自分も過去に何度かそういうミスをしたことがあるので
気をつけないといけないと思っています

スマホのこともそうですが
十年も経つと随分と色々と変化するものですね
歯科の治療法についても色々と新しい治療方法が出たり
逆に今まで行われていた治療方法が廃れたり
材料や器材なども扱いやすくなったり
効率の良い治療のサポートになったり
ドンドン良いものが出てきてます
このあたりアンテナを張っていないと
「えっ?そんな便利なものが出ていたの」
と浦島太郎になっていることもしばしばで
日々材料屋さんなどから話を聞いたり
ネットや雑誌から情報を集めたりして
波に遅れないように気をつけています


求人も随分と昔とは様変わりしていて
スマホでの求人のこともありますが
随分と募集も集まりにくくなった感はあります
以前は面接するのも億劫なくらい募集も来たものですが
途中数年人員が安定してあまり求人していなかったウチに
様相が変わってきたようで最近は若い人の求人が極めて少なくなっている
印象があります
来年の東京オリンピックに向けて色々な事業が興るでしょうから
人手も益々そちらに取られてここ一年くらい求人関係は
厳しいことになりそうですね

数年前までは人手でさえ足りていれば十分
と考えていたのですがまつお歯科医院を運営していくにあたって
果たして今後十年も同じようにしていて大丈夫か?
と、考えてみたのですが
とてもそうであるとは思えませんでした
去年あたりから人材についての方針を変えて
単に人手が足りていればいい、能力があればいい
というだけではなく
患者様のことを第一に考えて働く意欲がある
医院の利益を考えて働くことができる
という人を求めるように変えました
もちろん個を捨てて尽くせというブラックなことをするつもりは
さらさら無いです
私自身ブラックな働き方などしたくもないですし
個人の都合を優先し過ぎるような人が居ると
そのために医院や他のスタッフが迷惑を被り
結果として仕事のモチベーションや医院の仕事の回転が悪くなる
ということもあるのでそこの所の人選は
今後も慎重にしていきたいと思っています

開業以来
色んなスタッフが入社して働いて
そして去って行きました
私が未熟な院長だったばかりに魅力ある成長できるような環境を
提供できず離れていったスタッフには申し訳ないことをした
と思っています
満足して働いてくれて結婚を機に退職した人も居ました
正直スタッフとの人間関係楽しいことばかりでも無く
本当に腹立たしいことや辛いことも少なからずありましたが
それも今では私の院長としての成長の糧となってと思っています

そういえば求人広告で思い出しましたが
開業直前にオープニングスタッフの求人広告を出す際に
人気取りのために長男を抱きかかえた写真を撮って掲載したのを思い出しました
今はもう何処かに行って無くなってしまいましたが
あの時2歳でようやく言葉らしいものをしゃべり出した長男も
すっかりニキビ面になってこの春に中学に入学しました
10年も経てばそりゃ随分と成長するもんですね
毎日毎日接しているとなかなか変化というものには気がつきにくいのですが
随分と彼も成長したもので時々弟らの面倒を見たり
家事を手伝ったり旅行の時などは気を利かせて動いたり
と家庭で目を見張るような良い働きぶりを見せてくれます
これから微妙なお年頃にかかるので色々と悩まされることも
あるでしょうがあまりエラくならなくてもいいので
まともな大人になってくれるようにうまく教育していきたいものです


さて
次の10年はどうなっているでしょうか
色々と今後の経営についてはコンサルの方とも相談しながら
考えているところですが
今より何かドデカいことをやってやろう
という大望も無く
ただ無難に患者様のためになる診療が出来るように
日々頑張るのとそのために勉強する姿勢を失わないようにしよう
というくらいですかね
あとは健康に気をつける
50代ともなると40代よりは疲れやすいですし
今まで以上に疲れた休みたいが増えるかも知れませんが
とりあえずこれから10年もまたよろしくお願いします


そういえば10年このブログも書き続けて過去どんなもんだったのか
とブログページを見直してみたのですが
まあ..書きも書いたり142回
よく続いたものです
大体月1ペースで時々サボったりしていることもありましたが
H21.4月の最初の時のブログ
https://blog.seesaa.jp/cms/article/edit/input?id=118336901
なんだか初々しくて恥ずかしいのですが
一応治療に対する考え方はこのころと変わってないんだな
と気づくことが出来ました
だんだんジジイになったり忙しくなったりもして
仕事も辛いキツいになってくるでしょうが
患者様のために優しい診療
これだけは引退するまでブレずに続けていきたいものです

それでは今回はこの辺で失礼します
次は祝祭日の無い6月
大変ですね
自主的に何処かでアレするかも知れませんが
posted by 松尾 院長 at 09:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気商品

Seesaaショッピング