2020年12月29日

たまにはこんな年もある

おはようございます
仕事のテンションのままウチに帰ってテキパキ指示や伝達し出して
妻子にドン引きされている院長の松尾です
仕事でキリキリ頭回転してるままの状態の自分と
休みやら家事でずっと家にいてスローペースな家内や子供らでは
コミュニケートのテンポが合わなくて当然
On/OFFのメリハリは大事ですね

今年もそろそろ終わり
ということで今大掃除を終えたところでブログ書いてます
大掃除と言っても自宅の方ですが
医院の大掃除はスタッフの出勤状況に合わせて
早めに終わらせてしまいしたので
エアコン清掃や庭周りなどは先に終わらせてあったし
長男、次男が手伝ってくれたので
例年午後過ぎまでかかっていた自宅の大掃除も
昼前には終わってしまいました
いつもはのんびりした子供達
と思っていたらいつの間にか随分と頼もしくなっていたようで
大掃除が終わったことよりそっちの方がありがたいことですね
お礼も言いますが
お年玉にちょっと上乗せしておいてあげようかな


今年の総括ということで
振り返ってみれば
コロナ、コロナ、コロナ...
ファンヒーターの会社か
シネコンの名前か
かつてあったトヨタ車の名前でしか印象の無い
この「コロナ」という言葉をウンザリするほど聞かされた
1年でしたね

2月に話が出はじめて
3月に広がりだした頃は
まだそんなに街にマスク姿の人もそんなに居なかったのですが
4−5月にヤバい、ということで緊急事態宣言が出て
G.Wはどこにも遊びに行けないのに10連休
ホント嫌な気分でした

夏になって少し感染拡大も落ち着いたので
G.Wに長く休んだ分挽回せねばと
8月は夏休み返上して働いて
(付き合ってくれたスタッフの皆様ありがとうございました)
秋にはコロナのある日常
マスク手洗い当たり前、集まりやお喋りは避ける
という生活にもようやく社会も馴れてきた
と思いきや
冬になって乾燥してくるとそこはやはり感染症
ということでまたまた危うい状態になってきた
そんな感じの一年

旅行にも自由に行けない
高齢の親にもなかなか会いに行けない
イベントも自粛自粛で
楽しくも無い面倒くさい生活を強いられるハメになりました


悪いことばかりでも無く
感染予防対策など今まで見過ごさせれていた案件が
世間一般で強く意識されるようになった
と言う点では結果としてよい効果もあったと思います
自分も含めてみんなが
マスクや手洗いうがい、消毒に気をつけるようになった
おかげで今年はコロナは勿論インフルや普通の風邪とも
縁がなく比較的健康に過ごせた1年でした

(疲れたーストレス溜まるー肩が凝るー
は相変わらずでしたが)

いつも学校で風邪を貰ってきて家族にうつしていた次男も
今年は風邪を引かずじまい
まあコロナ前から学校でも
ウチから帰ってきたら手洗いうがい
なんてことは言われていたのですが
ついつい忘れ去られていた感はありますね

こういう昔から受け継がれてきた大事な忠告はしっかり守る
そして子供や孫(息子ら結婚してくれるだろうか)
といった次の世代に受け継ぐ
これが今を生きる自分ら世代のつとめではないかと思います


医院でも今まで以上に感染症対策は十分と言えるくらいに
やってはいましたが、なかなか皆さん
「歯医者に行くのは感染が怖い」
という誤ったイメージが広がってしまっていたせいで
なかなか定期検診に来ていただけない
という時期もありました
HPやポスターで対策していることをアピールしていたおかげで
ある程度患者様も定期検診には来てくださるようになりましたが
来年以降も油断なく歯科医院として当然レベルの感染対策をして
行こうと思っています

歯科衛生士さんが複数定着してくれたおかげで
衛生指導や歯周病処置などの業務が
安定して行えるようになったのが大きいです
患者様への衛生指導がどの曜日でも確実に行えるようになって
助かりました

スタッフが全員適度に緊張感を持って
より良く診療業務をしていく環境を作るため
そのために合わない人には辞めて頂くなど
厳しい采配もせざるをえないこともありましたが
そのおかげもあってか医院内は引き締まって
私もやりやすくなったしスタッフらもいい仕事が出来るようになった
コロナ禍で厳しい環境ながら
なんとか去年と同じくらいの収支で終われました

コロナ禍もあって院外の研修に参加することが困難だったため
今医院で教えられること以上のことを教えられなかったのが
ちょっと足りないところでした
現状を見る限り今後もしばらくこの状況は続くと思いますが
WEBで参加できる研修などは積極的に参加して研鑽に努めたい
と思います


年賀状も書いて
大掃除と棚卸しも終わって
今年も終わったなというと安心感があります
まだ棚卸しデーターの整理やら
矯正患者様の分析と治療方針の設定やら
来年の経営方針設定の大方決まった内容の細部の詰めやら

家にあっては子供らが冬休みにだらけた生活をしないように
注意指導もしていかないと行けません
流石に正月前後は大目に見ますけど
まずは親の私が見本となるように
冬休み期間はしっかり体を動かしたり
残務を自宅でこなして仕事している姿をみせるようにします
もちろん溜まっている録画を見るとか
家内や子供らとしっかりコミュニケートするとか
休みらしい団らんもしようと思いますが

最近更に感染力強い変異コロナが出たという話もあって
実家の両親への年始の挨拶については
電話で話をして訪問を控えることにしました
近所の天満宮への初詣も空いているかどうか
長男あたりを偵察に出して状況を見て行くかどうか
判断したいと思います

面倒な世の中になってしまいましたが
嘆いていても仕方が無い
いつまでもこんなことも続きはしないですし
気をつけてるところを気をつけていれば
大事に至ることも無いでしょうし
あまり悲観的にもならず前向きに来年以降もやっていこうと思います

来年がもっと皆様にとって良い年になりますよう祈っています
来年はもっと患者様に良い診療が出来るように努力していこうと思います


長男は来年受験にかかる年
やる気スイッチを見つけてOnにしてやらないといけないですね
ゲーム機の方のswitchは無闇にやらせないように
許可制にしています
もっとも今はswitchは私が三國志14をプレイするために
一番使っているのですが
あまり最近家内にも気をつかってなかったような気がするので
休みの間は色々自由にさせたりコミュニケートしたいところですね


ダラダラと書いてきましたが
そろそろ休みたいので
これで終わりにします
それでは皆さんよいお年を

忘れていましたP1320001.JPG
近所の保育園の園児さんらが自作してくれたカレンダー
毎年年末に持ってきてくれるのですが今年も頂きました
この場を借りてお礼を言わせて頂きます
ありがとうございました
posted by 松尾 院長 at 14:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

昔のことにいつまでもネチネチと拘るのはよくない


おはようございます
運転している限りゴールド免許の遠いうっかり者の院長松尾です
診療を離れるとどうにも気が抜けるのか
シートベルトのし忘れとついつい出てしまう
と言う時期が昔ありました
3年ほど前にそれが数ヶ月立て続きだったために「違反者」扱いになってしまい
免許証更新が町田警察署で済まずに
わざわざ府中の試験場まで行かなければいけなくなった次第です
誰のせいでも無く自分の不注意なので文句は言いませんが
最悪でも人に迷惑のかかるような事故だけは起こさないように
気をつけないといけないですね

府中試験場には車では行けないので
コロナ禍でずっと避けていた電車とバスに久々に乗りました
元々あまり乗らないのもありますが
コロナ禍で避けていたのもあったのでほぼ1年半ぶりぐらいですね
電車に乗るのが嫌いなわけでなくむしろ好きな方です
自分で運転すると寝ながら移動、ということもできないし
運転を人に任せてぼーっと車窓の景色を見ながら旅をするのは
大好きです
まとまった休みが無かったり
あったとしても家族サービスを兼ねた旅行で
交通費を節約するために車移動することが多いので
ここのところは電車でのんびり旅行
というのもできないのですがコロナ禍も落ち着いたら
また電車での旅もしてみたいものです

1年ぶりの横浜線、中央線も乗客がマスクの人だらけになった
以外は大して変わることも無く拍子抜けな感じで
試験場まで到着
3年前の更新の時と違ってコロナ禍のせいで
試験場入り口に並んで手のアルコール消毒をしてから入るとか
入場・入室の人数制限が設けられていたとか違いはありましたが
検査、写真撮影、2時間の講習を経て
無事免許更新できました
あと2年違反が無ければゴールド免許復帰ですが
ここまで3年心入れ替えて無事故無違反で来られたので
油断なく行ければ大丈夫でしょう


電車やバスに乗るのも久しぶりでビクビクしながら
でしたが2週間以上たった今でも何ともないところをみると
ちゃんと対策していれば大丈夫ということでしょうね
*換気
*消毒
*マスク
*手洗いうがい
*健康な体づくり
風邪やインフルエンザと同じくきちんとこの辺やっていれば
コロナも怖くない
春頃の情報の無かった頃に比べてもう色々分かっているので
過剰に怖がる必要は無いでしょう
基礎疾患のあるなど免疫力が落ちている方は
本当に気をつけないといけないのですが
高齢の方とて健康に生活をしている人であれば問題ないと思います
勿論油断して集まってベチャクチャ喋るとか手洗いうがいマスクを
怠るとかしていてはダメですが

まつお歯科医院も上記の点はしっかりやっていて
日本歯科医師会から「感染症対策実施歯科医療機関」
の御墨付きを貰ってからというもの
しばらくコロナを怖れて来院してなかった患者様も徐々に
長い間治療を受けられずにそのままになっていた
痛い、取れた、腫れたなどという困り事で
来院するようになりました
やることをやっていれば怖くもないコロナのために
ちゃんと治療すればすぐに治るむし歯や歯周病を
放置しておくのはかえってよろしくない
と思います

当院の場合はちゃんと予約して来院していただければ
待合室で待つ時間も無く予約時間通りに診療に入れますし
器具滅菌や設備の消毒はしっかりやって
診療前にはうがい薬での消毒をしてもらっていますし
うつす方もうつされる方もまず問題ないと思います
そもそも歯科診療はコロナ以前から感染症のリスクを問題視していて
日々対策しているのが当たり前なので
今更慌てて対策だのなんだのと大げさにやる必要もないのです

そういうワケで
「しばらく歯石とって貰ってなくて気になる」
「しばらく診て貰ってないけど大丈夫か」
「痛いところ、取れたところがある」
と、困っている方は放っておかずに直ぐに当院までお越しください
ちゃんと対策していれば罹りもしないコロナよりも
現実に進んでいるむし歯や歯周病の方が
放置しておくと大変なことになりますので


院長の私もスタッフも医院内でも私生活でも
コロナに罹るような機会はまずないであろう
というのはこの1年でよく分かったので
毎年恒例の仕事納め後忘年会は医院内で
デリバリーの食べ物を頼んで催すことにしました
本当は外に出て飲んで騒いでスタッフの慰労をしたいところですが
今現在のでは医院外ではお酒飲んで盛り上がるのは
避けた方が良さそうですね
飲食を提供するお店の方々には申し訳ないとは思うのですが...
まあイヤな世の中ですね
早くコロナなど気にしないでいい情勢になればよいのですが


先月に引き続き診療時間の合間に余裕があったので
昔から残っていたが要らなくなった資料の整理・廃棄をしました
日計表など経理関係の書類は7年間保存しておかないといけない
ルールになっているので今年はH24年分までの書類捨てる
といった次第です

昔あったトラブルがらみの書類も解決して随分経つものは処分
イヤな記憶はゴミとしてきれいさっぱり捨てて忘れてしまうに限ります
とはいうものの再び同じような事態が起こらないように
教訓として残すべき資料や記録はだけはしっかりと残すようにします

自宅でも思うところあって
不要になったモノを処分しはじめました
大掃除の時に一気にやると途中で疲れ果ててしまうので
今からコツコツ小分けに実行です

あまり使わなくなったゲーム機やら
なんとなくとってあったポスターやらグッズ
見る見込みも無いブルーレイディスク
古い雑誌や本
等々...

大分押し入れの中もスッキリしました
整理しているウチに色々と無くなっているのに気がついたものもあったり
年末の大掃除の時にまた整理しながら探さないといけないですね

医院でも家でも
今まで溜まった色々なものが大分清算されてスッキリしました
過去を振り返り反省して次に活かすことも大事ですが
捨てるところは捨てて気持ちを切り替えていくのも大事ですね


来年に向けてより良い治療を行う準備をしたいということで
神経取り治療用の器具を購入しようかと
と思ったのですがちょっと値が張りますね...
コロナ禍で先行きの見えない状況で
この出費はちょっと厳しいですね
年内外装の工事もあって懐具合も厳しいしP1310011.JPG
考えどころではあります
必要な時に必要な投資をすることは大事なのですが
結果的に無駄にならないように慎重に考えないといけないです


今年も残り一ヶ月
医院内もクリスマス風に模様替えしましたP1310012.JPG
コロナのためぬいぐるみやおもちゃを片付けてしまったので
ちょっと寂しいツリー周りですがまあ仕方ないですね
コロナやインフルや風邪過労に気をつけながら頑張っていこうと思います

では失礼します
posted by 松尾 院長 at 09:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月01日

写真に格好良くうつるコツは姿勢真っ直ぐでリラックスして

おはようございます
最近日の出が遅くなって起きる時間を間違えがちなうっかり者の院長松尾です
出勤の朝は早いので目覚ましをかけると家族の迷惑になるのでかけてません
大抵は起きる時間になると自然に目が覚めるのですが
ここのところ疲れ気味なのかよく眠れるからなのか
まだ明るくないと安心してしまうのか二度寝したりで
ちょっと起きる時間が30分ほど遅れてしまいます
「スマホの目覚まし機能をバイブのみで使えばいい」?
はい、確かにその通りですね...ホント

最近寒くなったり日の出が遅くなって
休みの日の早朝ランニングが暗いし寒いしで億劫になってきました
医院まで歩いたりしているがなかかな運動不足を解消することができない
のでせめて休みの日くらいは体を動かそうという意欲はあるのですが
まだまだ20年くらいは元気に仕事しないといけないので
健康維持のために運動は鞭打ってでも頑張りたいと思います


コロナ禍も「ある程度は」落ち着いてきたようなので
正月以来久々に両親に会いにいきました
普段は数ヶ月に一度くらいは子供らも連れだって訪問しているのですが
コロナ禍のご時世では流石に高齢の父母に会うのは
なかなかできない状況で
そもそも父母からもそれとなく遠慮するように言われてましたので
行っても迷惑でしかないでしょう
父母にはメールや電話で時々連絡を取っていたものの
直接会うのも久しぶりで
さすがに年相応に色々体の調子の悪いところはあるようでしたが
無事が確認できてなによりです
「一緒に食事でも」
と言われましたが
流石に会食はマズいと言うことでお話もそこそこに撤収しました
(母の用意するメシがマズいと言う意味ではありませんよ 念のため)
まったく面倒くさい世の中になったものです


10月はわりと仕事も一段落ついて
色々落ち着いて医院内を見渡す余裕も出てきたのですが
気がつけば用意していたカルテ棚がカルテが増えて一杯になってきた
数年前に一杯になりそうになった時にカルテ棚を買い足したのですが
それももう一杯になりそうです
来院患者様も増えに増えて10年あまり....
これ以上棚を置くスペースもないので
どうしようかと思ったのですが
もう来ることもなさそうな患者様のカルテを
棚から片付けて奥に整理収納することにしました

亡くなられてしまった方
転居して来られなくなった方
そして治療・対応が上手く行かずこの医院に二度と来なくなった方
そんな方々のカルテが対象です

診療の方は日々ベストは尽くしているつもりではありますが
時としてうまくいかないこともあります
説明の仕方が不十分であったり
治療技術の拙さであったり
原因は様々ですが
去って行った患者様は嘆いていても
戻ってきてくれることは殆ど無いです
反省するところは反省して次に繋げていかないといけません

重大なクレームについては報告を行ってスタッフと情報共有したり
対策を話し合ったりしています
正直なところ自分の失敗をスタッフの前に晒し出すというのは
院長として恥ずかしいこと
なーんてことはなくいつもだらしない院長なので
もうそんなことは気にせず開き直ってますが
クレーム対応の窓口は患者様と接するスタッフがなることが多いので
過去どのような事例があったのか知って貰うことは大事です
ちゃんと文章にしてファイリングして取るべき対策とともに
保管してます

人間誰しも失敗はするのです
大切なのはきちんとそれに向き合って反省して改められるか
なのです(エラそう)

前々からやろうやろうと思って先延ばしになっていたのですが
スタッフ全員(都合で出られない人も居ましたが)での集合写真を撮りましたP1300028.JPG
ここ数年
スタッフの出入りが多くてなかなか落ち着かなかったり
慌ただしかったのですがなんとかスタッフも定着して医院に馴染んでくれた
ということで区切りの1枚というところです
最初はみんなあまり乗り気でもなかったのですが
いざ写真を撮るとなるとそれなりにあれこれ映る角度とかポジションに
拘ったりやはりそのあたりは女性というところですかね
映った自分を見ると10年前の開業当初に比べると老けた感じはしますね
いやはや、そんなに苦労を抱えた記憶も無いんですがね

面倒くさい世の中になってしまいましたが
それでもなんとかやってます
みたいなところで今回はこれにて

今年も残りあと2ヶ月
無事息災に乗り切りたいところですね
寒くなって乾燥してきたので
風邪やインフルエンザやコロナにご注意ください
posted by 松尾 院長 at 07:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気商品

Seesaaショッピング