2018年02月02日

人というものはホントに難しい

平成30年が始まりました
今更ながら今年もよろしくお願いします

先日1/22の雪は結構積もって数年前の大雪の再来か
と思い戦々恐々としていたのですが
幸いそこまで酷くなくてよかったです
うっかり朝天気予報を確認しないまま車で出てきて
朝医院に来るではよかったのですが
帰りの夜の降り積もった雪道は流石に運転するのは危険と
判断してそのまま医院の駐車場に車を置いて歩いて帰りました
こういう時自宅が徒歩通勤圏だと便利で良いですね


年末の混雑もピークが過ぎて
年明けはわりとゆとりある診療ペースなのですが
インフルエンザの流行で妻子が代わる代わる罹って
家の方のフォローをしたり
スタッフのお子さんが罹ってその看病で抜けたりで
なんやかんやと疲れる1ヶ月でした

先月悩んでいた求人の方もポツポツと
連絡が来てそれなりに穴は埋まりそうではありますが
今要るスタッフと共に一から教えていったりするのも何かと
手間がかかりそうで春になるまでは落ち着けない状況
になりそうです
忙しくなったせいか今居るスタッフにも心身共に
負担が来ていてそれもケアをしていかないと行けないのですが
どうにも一人一人の仕事観やら置かれた環境の違いから
考えの相違が出て時として上手くいかなる事もあったり
なかなか院長としてまとめるのが難しいな、
と感じられる昨今ではあります
もう少し相手の事を理解しようとか
自分のしている事が相手にどう受け止められるんだろうかとか
余裕が無い中でもそれぞれにそれを考えてほしいのですが...
なかなか人の気持ち言うものは難しいものです
それでも何とかしなきゃ行けないのが
院長である私の成すべき事なので
一つ一つこんがらがった糸をほどくように
丹念に粘り強く解決していこうと思います


今月はあまりおふざけも書けないくらい
心のゆとりも無い状況でした
早く色々と解決して落ち着きたいものです
あれこれ書いてもネガティブな話題にしかならないので
もうこの辺にしておきます


大洗の磯前神社に初詣に行った時のおみくじは
なかなかいい内容だったんですがね
災い転じて福と成す
となってほしいものです
今はとにかく余計な事は考えず
直面している人手不足やらあれこれ問題を
解決していこうと思っています。


その初詣の帰りに食べたあんこう鍋2018010811540000.jpg
毎年食べるのですがやはり絶品ですね こいつは
味噌ベースのダシのきいた鍋汁で食べるあんこうの肝や肉
や野菜は身も心もホクホクと温まる美味しさでした
シメにだし汁で食べるうどんもなかなかのもので
ついてきた野菜嫌いの息子もおいしいおいしいと食べていました
鍋の中から細かい野菜の切れ端まで丁寧に全部つまみ出してから
食べる長男の野菜摘出術は天才的で
将来ひょっとしたら名外科医になれるかも
なんて親バカですかね

では
今回はこの辺で
来月はもっと楽しい話など書ければ良いですね
posted by 松尾 院長 at 08:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

求人はいつもギリギリになっていい人が来る

おはようございます
って今何時ですか...朝の5時とかアホですか?
私は

サンタの正体がバレている長男と
まだ居ると信じている次男の対応の区別が
いい加減面倒になってきた院長の松尾です
長男は空気を読める男なので
次男にバラしたりはしないので一安心ですが
まあいつかは次男にもバレるんでしょうね


振り返ってみれば今年は患者さんの診療への満足度は高くなったようで
(不満のあった方はすみません)
「患者さんに優しい治療」という医院理念
をまずまず実践できたんではないか、と思うのですが
スタッフにとって居心地の医院であったかというと
ちょっと反省しないといけない1年でした
個々の勤務意欲や能力・成果に合わせて
勤務時間や給与設定ををするのはなかなか難しい
それは10月のブログに書いたとおりなのですが
その後、色々と見直して努力や成果を細かく評価するようにして
医院や患者様に大きく項連したスタッフは査定面で大きくプラスしていく
というシステムを構築する方向で何とか一段落つきました

この医院も5年ほどは安定していてあまりスタッフの退職もなかったのですが
ここに来てさらなる勉強や結婚を機に転職・退職で
大分メンバーが入れ替えることになりました。
ということで求人などを出しているのですが
なかなか求人難のこのご時世
質も量もコレといった人材は集まりません

数的に人手が足りない中
今居るスタッフが積極的にシフトの穴を埋めるように
自発的に申し出てオフの時間も出てくれる
のは人の情けが身にしみて有り難い
ホント良いスタッフに恵まれてよかった思っています
それはいいのですが
仕事納め直前の頃になって色々と無理がたたって
皆疲れたり体調を崩したりと
本当に経営者として院長として申し訳なく思います
早いところ人手が足りないのを何とかしたいのですが
猫の手も借りたい、誰でもいい
というわけでもなく
意欲と向上心のある人、協調性のある人など
ちゃんとした人をいれないと今居るスタッフに負担がかかってしまいます
ただ、ピンチはチャンスでもあり
来年春までに複数人が入れ替わるこの機に
今の良くなりつつある医院そして、これからのさらに進化していく医院に
適した人材を焦らずそれでいて迅速に求めていこうと思います

あっ、
このブログ読んでいる人で我こそはと思う方
電話お待ちしてます
誰でも良いという訳ではありませんが
条件が合いそうならとりあえず面接から始めます


と、まあこんな感じで仕事納めもバタバタと落ち着き無く終わり
私の方で終わってない仕事のブログを今頃(12/29の朝です)書いていたり
また院長室の大掃除整理も全部終わっていないなど
若干雑務が残っていて全然2017年の仕事は収まっていないです
もうメンドっちいから掃除はパスしようかな...

そんなこんなでこんなヘッポコ院長ではありますが
今年も1年間このしょうも無いブログを読んで頂きありがとうございます
来年2018年は医院にとって正念場となる1年になるでしょう
が、人材面の充実を図りつつ
ますます患者様やスタッフにとって良い医院になるよう
院長として努めていきたいと思います

それでは皆様よいお年を
posted by 松尾 院長 at 05:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

注意一秒ケガ一生....と、ちょっとしたオマケ

お疲れ様です

免許の更新で武蔵小金井の免許センターまで行って
武蔵小金井のあまりの変貌ぶりに浦島太郎気分の
院長松尾です

町田在住で分かっている人は分かっていると思いますが
免許の更新が町田警察署でなく
わざわざ武蔵小金井の免許センターまで行かないとできない
というのは....まあ察してください
誰かを傷つけたり、モノを壊したり
ということはなく
罰金も取られず点数だけだったんですが
ちょっとウッカリして
更新までに2回見つかったのがよくなかったですね
まあこんなこと言ってちゃいけないんですが

武蔵小金井
というのは私にとって縁のあるところで
過去 矯正歯科のバイトでとある医院に勤務していた時に
通っていた街です
居候していた(ちゃんと親に自分の生活費は渡していましたが)
鎌倉の実家から武蔵小金井まで
藤沢駅まで原付→東海道線で東京駅まで→中央線で武蔵小金井まで
ざっと所要時間 2時間程度
今考えるとよくこんな遠い道のりを通っていたなと思います

私が通っていた10数年前頃は武蔵小金井駅も小さな駅舎でkoganei old.jpg
駅横の道路は踏切でいつも中央線の通過が多い開かずの踏切になっていて
年中道路が混んでいたり駅回りも古くさい建物が多くて
ゴチャゴチャしたまとまりのない街でしたが....


先日行った時にはすでに中央線が立体高架化され044-M-KOGANEI29619.jpg
開かずの踏み切りも無くなっていました
駅の回りも新しいビルやスーパーが建って小綺麗になってました
東京って奴は少し見てないウチにドンドン変わっていきますね
かろうじて昔のままだったのは駅北側の西友だけ
そういえばあそこでよく昼休み狭い医院内に居場所がなくて
時間潰していたっけな


勤務してた矯正歯科医院の院長は
私が院長としてスタッフにどう接したら良いか
と言う面で大変参考になった方でしたね

スタッフとはきちんと話して自分の考えを伝えたり
スタッフの考えを聞く場を持つ
スタッフにミスの責任を押しつけるようなことはしない
私的な行事にスタッフを付き合わせない
治療の面では
いたずらに長い期間、矯正装置を付けたままにしない
治療の技術や知識は常にアップデートしてより洗練された治療を取り入れていく
などなど...
私も勤務医時代は色々なところで働いてきましたが
武蔵小金井ではいい経験をさせて貰いましたね

そんな古い記憶を思い出しながらも
2時間ほどの講習を受けてようやく免許更新
さだまさしの「償い」を最後テロップ入りで聞かされて
ホント車の運転は油断してると一生取り返しの付かないことになるなぁ
と、肝に銘じてゴールドから青に格下げになった免許を貰って
自宅への帰路についたのでした

武蔵小金井の免許センターまで2時間往復4時間
講習と手続きで3時間
朝7時に出て週1回の貴重な休みが半日潰れました
と、このくらいで済めばいいのですが
うっかりシートベルトをし忘れて自分が事故で死んでしまったり
同乗している家内や子供らを死なせてしまっては
休みが半日潰れたどころではないレベルの苦難を背負うことになるので
今後は注意しないといけないですね、いやホントに


そういうわけで(どういうわけだ)
歯科治療もスタッフや取引業者さんらや患者様への対応も
些細な準備不足で取り返しの付かないミスが起こる可能性があるのではないか
と帰りの中央線の中でなんとなく思った次第
日々細心の注意を払って仕事に取り組んでいこうと改めて決意しました


おしまい


ああ...なんかネタ切れっぽいし時間も無いし
イマイチだけど
もうしょうが無いので
今回はコレで勘弁してください


11月は大洗のあんこう祭りに行って
アンコウ汁とか美味しい食べ物を食べた話もあるのですが
歩き回って疲れ果ててあまり写真も撮れず面白い話でも無いのでやめときます



と、思ったけどチラッとだけ

祭り当日にグーテさんというオシャレなガーデンのあるgute morning.jpg
紅茶の美味しい喫茶店で朝メニューを頂きました
当日朝日の出て間もない寒い朝に
暖まる美味しいミネストローネと
美味しい紅茶と焼きたてホカホカのクロワッサン
そして風味豊かな自家製マーマレード(?)ジャム
食べることがこんなに人を幸せにするモノなのかと
感動させられてしまった最高のご馳走でした


もう一つ目当ての朝メニュー
沖苑さんという焼き肉屋さん
(常陸牛の焼き肉やビビンバが非常に美味しい)asa curry.jpg
が祭りの日の朝限定で出している
常陸牛の朝カレー
これも辛くも無く甘すぎもしないちょうどいい塩梅
かつ胃もたれする様な脂っこさもないカレールーに
具の常陸牛のエキスが溶け込んでいて
涙が出るほどに美味しい
これが500円で食べられるとか物価がおかしい町大洗です


お祭り会場の屋台で食べたカニ丼kanidon.jpg
シンプルながらホカホカご飯に
カニの風味が実にマッチしていて美味い
マヨネーズがいい感じにカニの味を引き出しています

本当にこの町の食べ物は素晴らしいです
また年が明けたらあんこう鍋でも食べに行こうと思います
長男が食べてみたいと興味を持っていたけれど
鍋の中に入ってる苦手な野菜食べられるのかな....
posted by 松尾 院長 at 09:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気商品

Seesaaショッピング